優柔不断の不眠日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼太郎VSディラン

<<   作成日時 : 2008/04/27 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ユニクロから出た鬼太郎のTシャツを買った。
UTとかいう、かつて少年サンデー、少年マガジンに連載された漫画のシリーズだ。

これ、1枚だと1500円だが4枚買うと1枚あたり1200円という印刷物の部数と単価の関係みたいな値段設定になっている。世の中なにがあるかわからないからもちろん4枚買っておいた。

勢いづいて、なんばパークスのヒステリックグラマーでボブ・ディランのTシャツも買った。
こちらも4枚まとめ買いして、着飾ったお兄さんお姉さんの前でワハハと高笑いしてやろうと思ったが、9400円するので1枚だけにした。

この写真、ロックのアルバムでは史上初の2枚組みとされる(コンピレーション盤は別として、ということでしょう)ブロンド・オン・ブロンド Blonde on Blondeのジャケット見開きで使われていたもので、その構成はなぜか2種類ある。

ちなみにTシャツのバックにプリントされているEverybody must get stonedは、ブロンド・オン・ブロンドの1曲目『Rainy Day Women #12 & 35 雨の日の女』で繰り返されるフレーズ。
もひとつちなみに、この歌の内容、雨の日にも12番にも35番にもまったくなんの関係もない。

片桐ユズル氏はEverybody must get stonedを「だれでも一発やられるべきだ」と訳し、晶文社版の『ボブ・ディラン全詩集』のあとがきで、詩人の故アレン・ギンズバーグから「stonedには16通りの意味がある」と言われたエピソードやディランの詩を日本語に訳す困難さなどを披露しておられる。

ちなみに中川五郎氏の訳では「誰もがぶっとんでみるべきさ」。
この「ぶっとぶ」はマリワナ(大麻)を吸って、とぶ、ええ気持ちになる、ハイになるというやつやね。

Blonde on Blondeの写真、押し入れからLPを引っぱり出すのが面倒なのですべてCD。
ディランのポスターの隣はフェイ・ウォン(王菲)のモトローラのポスター。

画像
画像




画像
画像




画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鬼太郎VSディラン 優柔不断の不眠日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる