ボブ・ディラン大阪公演 3月12日

行ってきましたよ、昨夜。

本来ならきのうが大阪公演さらには今回の日本公演全体の初日であったのだが、11日に追加公演が組み込まれたので、2日目ということになる。

3月12日は俺の誕生日なのでディランからのプレゼントとでも思っておくか。金を搾り取られたけどね。
But you know you only used to get juiced in it

最近は聴衆の年齢層や性別が幅広いな。
10代、20代、30代、40代、俺みたいな50代のおっさん、稀に60代らしき人。男に女、不良外人に善良外人。

ヒョウ皮のふちなし帽 Leopard-Skin Pill-Box Hatでスタート。
ディランがかぶっていたのは黒のふち有り帽だけど。
それに、黒のジャケット、サイドに太いラインの入った黒のパンツ、鮮やかなグリーンのシャツ。

50代のおっさんともなると78年以来何度も鍛えられてきているから、ディランが登場したくらいで白目をむき、口から泡を吹きながら「ボビーッ」と絶叫することもない。でも周囲にはそんな人がちらほら。

チケットは限りなく700に近い600番台と絶望的だったけど、思っていたよりずっと前で見れて、しかも運良くステージに向かって右側の位置。
「ボビーッ」が近いので念のために持って行った双眼鏡も不要だった。


俺のすぐ横には、ディランだけをじっと見つめ続ける少年がいた。まるで32年前の自分を見るようだ。
I'm younger than that now ほんとうにそう言えるのか。

ここ数年のライブでの傾向どおり、ディランはほとんどキーボードを演奏する。
くよくよするなよ Don't Think Twice, It's All Rightではギターを弾いたが。

バンドの演奏のグルーヴはものすごく、気がつけば俺もいつの間にかサーカスの砂で丸く囲まれ、片手を勝手に振り回して踊っていた。
まるでバットマンのジョーカーみたいに、ディランは時おりニヤッと笑った。ボブったら。ボブってば。

初日、11日の聴衆は、北国の少女 Girl From the North Countryが聴けたんだなぁ。
おお、なんと、ラモーナに To Ramonaも、激しい雨が降る A Hard Rain's A-Gonna Fallも!
どちらも、すばらしくおそろしくいい歌ですよ。うらやましい。

ディランという人は毎日演奏曲を少しずつ入れ替えていくのでこういうことになる。
レコーディングしたのと同じアレンジで歌うことをしないから、歌詞を聴くまでなんの曲かわからないことが多い。
同じ曲でもツアーごとにさらにアレンジを変えて演奏する。

だから、日本公演の全会場を制覇する、それでも足りずに海外のライブまで追っかけするという気の毒で幸せな人々が出現する。

多くの曲を聴きたい、そして、ディランがちょくちょくやってのけてくれる、心臓を撃ち抜かれるような名演名唱に出会いたくてそうするのだ。
そんな基地外的な人はアメリカやヨーロッパに大勢いて、恐ろしいことに、わざわざ日本までやってくる。

で、この曲はまだ一度もライブで歌っていないとか、この曲を初めて演奏したのは何年何月何日のどこそこ会場だとか、あの曲は過去に120回演奏されてきたとか、これがJAPAN TOUR 3月12日のセットリスト(演奏曲目)だとか、そういう情報をネットで発信したり集めたりして人生の大半の時間をすごしておられる。
そういう可哀想でうらやましい病気なのだ。

俺なんか日本公演は一応毎回聴いてきたけど、同一のツアーで2回以上となると、大阪公演を2夜続けて聴いたことが3度ほどあるだけだ。

ちなみに、ここで今回の日本公演のセットリストその他の情報が得られます。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/BobDylan/special/news.html

きのう買ったツアーグッズ。
絶対買う! と決めていたチロルチョコのセット。ほぼCDサイズの箱に25個ずつ入っている。
一つずつの包装紙には、そのアルバム収録曲の歌詞の一節を印刷。
画像


















画像
画像






Tシャツ。ショップのお姉さんに「全部」と言いたいところだったが、諸般の事情により2枚だけ購入。
画像















終演後、ショップには気の遠くなりそうな長い列ができていた。日本マクドナルドがやらせで演出した列ほどではなかったけど、あんなのにじっと並ぶのは絶対にいやだ。先に買っておいてよかった。
ここで日本公演の全グッズが見れます。
http://udo.jp/Goods/BobDylan/index.html



ボブ・ディラン自伝
ソフトバンククリエイティブ
ボブ・ディラン
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボブ・ディラン自伝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ダウン・ザ・ハイウェイ―ボブ・ディランの生涯
河出書房新社
ハワード スーンズ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダウン・ザ・ハイウェイ―ボブ・ディランの生涯 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

西村
2010年03月14日 08:09
はじめまして!
私もライブいきました。よかったですね~。
こちらのページ、私のホームページにリンクさせてもらっても良いでしょうか? よろしくお願いいたします!

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1061/japan2010.html
ユージュー
2010年03月14日 11:17
お、おお!
もしやと思いましたが、ほんとうに本物の西村さん、
位津子さんではないですか!

あなたがあのすばらしいHPを
立ち上げられてすぐの頃から、
きょうまでずっと拝見させていただき、
貴重な情報を入手させてもらっていますよ。

リンク、もちろん結構です。光栄です。
今後もがんばってください。

この記事へのトラックバック

  • ボブディランを見た

    Excerpt:  ちょっと、久しぶり・・・。  さっそくだけど。昨夜(3/19)、ZEPP名古屋でディランを 見た・聴いた・感じた・・・。  観客は、やはり年齢が高めと感じたが、何故か以外に20代ぐらい とか若い.. Weblog: センチメンタルシティ・ロマンチストからのたより racked: 2010-04-11 15:39