今年も大阪中華学校の春節祭へ

この行事は毎年楽しみにしているのだ。家から自転車ですぐ着くので楽だし。
しかし朝からあいにくの雨。

昨年は前日に雨が降り、ステージに水が残って雑技の演者が滑ってやりづらく気の毒だったが、2年続けて雨にたたられるとは。

台湾の禅宗のお寺さんの大阪分院が毎年祭壇を設ける。花とキャンドルを受け取り、お供えして合掌。
縁起物というのか、小さな袋に入った米や飾りもの、キャンディなどをいただく。
画像


その隣で烏龍茶をごちそうになる。校庭では振る舞い紹興酒もいただく。
どうももらってばっかりだな。
画像


お気に入りの店で豚まん8個購入。これは全部持ち帰って冷凍しておくのだ。
海鮮粥がイカ、エビ、ホタテ、アサリ、と具だくさんでおいしかった。

変面。例年おっちゃんがやっていたが、今年は綺麗なお姉さんが演じた。
しかし、いつ見ても不思議だな。どうなっているのだ。
画像


右の女性がたしか変面を演じていたはず。なんでもこなす芸達者な子だ。
画像


雨よけのテントが張られ、ジャグリング、アクロバットなどすべての演目がやりにくそうだった。
画像


画像


歌謡ショーや生徒たちによる二胡の合奏などプログラムは例年どおり。
今年も楽しい催しをありがとう。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック