へいらっしゃい!

浪速区桜川の「すし豊」の店主、フランクすし寅さん。
画像


寿司を握るのは家族に任せ、自分は招き猫役に徹している。
画像


というか、寿司屋で暮らすなんてにゃんことしては最高のにゃん生ではないのか。
というか、耳、切られ過ぎではないのか。
画像


画像


ごめん、近づきすぎて怖がらせてしまった。
画像


こちらは浪速区某所の喫茶店で飼われているらしいにゃんこさん。店の前で好きなように時間をつぶしていた。
それにしても店名のAFTER BASEとはどういう意味なのだろうか。
画像



黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)
新潮社
エドガー・アラン ポー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)
新潮社
エドガー・アラン ポー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




NANCI GRIFFITH
Hard Times Come Again No More

オールドブラックジョーや草競馬で知られるフォスターがつくった歌
フォスターもポーも極貧の中で野垂れ死に同然の死に方をしたらしい。ゴッホも似たようなものか。
才能豊かな人が、生きている間にまったく才能を認められないとはなんて悲しいことだろう。

2016年2月10日追記
今、フォスターのWikipediaを読んでみたところ、フォスターは貧困と失意の中、誰にもみとられずに死んでいったことに間違いはないが、生前に才能が認められなかったとか、作品が売れなかったというのではなかった。
完全にわたしの記憶違いであって、よく確認せずにいいかげんなことを書いてしまった。すみません。
もしかしてポーもそうなのか? そうだったらどうしよう、怖くてWikipedia読めない。

この記事へのコメント

りな
2016年01月24日 00:37
寿司屋だなんてハイクラス!すべての猫が一度は夢見た生活でしょう!・・・でも耳が・・・なんでこんなに切っちゃったんだろ・・瀇
after baseってなんでしょうね。野球と関係あるのかなベースだから・・短絡的すぎますね涬すいません 私もわからない。
生きているうちに才能を認められる人って本当に少ないんですね焏
ユージュー
2016年01月24日 09:10
りな様
もしも僕が猫だったら、
ころがりこむならやっぱり寿司屋ですよね。
欧米のにゃんこには日本とは異なる食文化が
あるみたいですが。
りな
2016年01月24日 23:01
雪が降ってますね。
そちらは大丈夫ですか?
欧米の猫は ラム肉食べたりするらしいですね瀨
でもたしかに 猫が自力で魚を採るって難しいかも・・猫2肉食のほうが自然かもしれませんね。
ユージュー
2016年01月25日 07:27
りな様
大阪は(少なくとも浪速区周辺では)
雪、降りませんでした。
寒いので日曜日は1日家の中にいましたが。
りな
2016年01月25日 11:58
降らなかったんですね。
雪景色はきれいだけど大変ですね猫2
本当に寒い日は家の中が一番です。

この記事へのトラックバック