子猫にやさしいくろすけ

にゃんこどもと遊ぶ坂道のそばにある寺に茶トラのこにゃんたちが生まれているのは知っていた。
そのこにゃんたちとくろすけがいっしょにいた。
くろすけはつい先日、6月12日の記事で紹介した子で、ちびすけのきょうだい、男子。
http://yujufudan.at.webry.info/201606/article_1.html

画像


画像


画像


画像


しばらく寺の奥さんとにゃんこ談義。
この寺には何匹もにゃんこが住みついていて、このブログでおなじみの手袋もグレも今ではここの住人なのだ。

奥さんの話では、つきちゃん(くろすけの寺での名前。首にツキノワグマみたいな白い斑点があるから)が子猫たちの父親かどうかはわからないが、つきちゃんは子猫にやさしいのだそうだ。
ところで子猫、1匹いなくなったらしい。カラスにでもやられたか。
画像


画像


画像


何か月か前につきちゃんに去勢手術を施し、その後ずいぶん人懐こくなったそうで、なるほどそれで納得。
実はくろすけイコールつきちゃん、最近やたらさわられたがるではないかと不思議に思っていたのだ。
ガキの頃から触られるのが苦手で、少しなでたらすぐに逃げて行ってしまう子だったから。

画像



加川良  祈り

この記事へのコメント

りな
2016年06月22日 15:16
わぁ(*´∀`)♪かわいい
元気に育ってね
4匹生んでも1匹しか残らないなんて かなり苛酷ですよね焏
野良猫って自由で気ままに生きてるように見えるけど 厳しいな・・・
羨ましいなんて思えなくなっちゃった(ノД`)
ユージュー
2016年06月22日 19:37
夏冬の厳しい天候や、飢えや渇き、
それに猫嫌いで猫を攻撃する人間もいますからね。
野良は生きてるだけでえらいと思いますよ。
りな
2016年06月25日 00:29
生きてるだけでえらい たしかにそうですね焄
くろすけは面白い毛色の猫ですね。
胸にちょこんとある白い毛も珍しいし、漂白剤で色が抜けたような赤毛もあったりして、なかなか個性がありますね。
去勢されると こんなに穏やかになるもんなんだ(*゜Q゜*)びっくりです
ユージュー
2016年06月25日 19:59
おとなになりかけの子猫だった頃は
すこしさわられたら逃げ腰になって、
「さわられたがり」のちびすけとは
正反対でした。

この記事へのトラックバック