きたないちゃんとミケ

3月24日、今里の100円商店街へ。ここへ行くと必ず見に行くのがきたないちゃん。
いつもの路地にいつものようにいたが、この日のきたないちゃんはいつもと少し違った。
画像


いつもはぼーっとしていてさわりほうだいなのに、ちょっと距離を置く。
画像


飼われている家の玄関先に行ってしまった。この家のおばあちゃんがいつものようにいて少し話す。
きたないちゃんやミケだけでなく猫を全部で7匹も飼っているのだ。家の前に捨てられていた子猫も飼っている。
画像


怖がりでいつもすぐに逃げてしまうミケが、この日は平然としていた。
画像


画像


画像


商店街の中の超レトロな喫茶店にはじめて入ってみた。これ、板ガラスというのか今では貴重品だな。
画像


窓のように桟で囲んでいる部分も全部、板ガラス。割れたらもうおしまいではないのか。
画像


店はおばあちゃんが一人でやっている。コーヒー300円。安いのにわりとおいしかった。
こんなマッチまでいまだに置いている!
画像


1月に大阪ガスの抽選で当たったグリコ製品の詰め合わせ。キャラメルを開封してみた。
おまけは木製のシマウマ2個。
http://yujufudan.at.webry.info/201801/article_6.html

画像


スマホでどうこうというところが時代だ。
画像


1週間ほど前の亀や淡水魚。
淡水魚は、冬の間汚れていた入れ物も水も徹底的に掃除。駒川商店街で買った新しい水草を入れてやった。

左、イシガメのガメラ。右、クサガメの亀山チビ。
画像


左、クロメダカ(2つあるベビーバスのうちの1つ)。右、和金のおとな組。
画像


左、和金のこども組。右、タイリクバラタバゴ。
画像


クサガメの亀山デカ
画像


そして、けさの亀山デカ。亀たちはきのうあたりから少しずつエサを食べ始めた。
デカはきのうから、秋以来の散歩を再開。自分で水から出て好きな場所でのんびりする。
画像


エサを食べて毎日糞をするようになるので、自力で出られない背の高い入れ物に入れ替えなければ。
汚れたからだでウロウロされて、ベランダやスノコを汚されたらかなわんからね。

この記事へのコメント

りな
2018年03月27日 19:20
きたないちゃんどうしたんでしょうね('_'?)
気分が乗らなかったのかな
7匹飼ってるってすごいですね(°O°)
こわがりのミケもおばあさんなら大丈夫なんですね

わぁ!すごいレトロ(*> U <*)
このガラスは もう作ってるところないんじゃないですかね…
ユージューさんの言う通り割れたら終わりだと思います
マッチなんて見るのいつぶりだろう(m'□'m)すごいお店ですね

グリコのおまけ(≧∇≦)
木製なんだ!けっこうかわいいですね(=^▽^=)種類がいろいろあるのかな 普通に集めたくなります
好きですこういうの かわいいし
この水槽すべて水替えやったんですか( ; ゜Д゜)タイヘンダ
みんな気持ちよさそうだけど…大変ですね これは
タイリクバラタバゴって魚?
聞いたことない名前です
なんか名前だけ聞くと熱帯の方の魚なのかなとか思うんですけど
ユージュー
2018年03月27日 21:09
このおばあちゃんの家では大きなミドリガメも
飼っていて、よく玄関前に出しています。
うちのデカよりもずっと大きいビッグサイズ。
昔はとても小さかったそうですが、それはどこも同じ。

このガラスは美しい。値打ちがあります。
いつか割れてしまう日が来るのかと思うと残念。

タイリクバラタバゴは銀色の小ぶりの淡水魚で、
オスにはきれいな婚姻色が出ます。
名前のタイリクは中国を指しています。

大きさが少し違うだけのニッポンバラタナゴと
並んで、飼いやすく人気のある観賞魚です。
ほとんどのホームセンターで普通に買えます。

本当にきれいなので以前はずっと部屋の中の
ガラス水槽で飼っていたのです。
今みたいにベランダでスイレン鉢に入れても、
上から見るだけなので本当は面白みがないのです。
ガラス水槽に入れて横から見ないとダメなのです。
りな
2018年03月28日 00:34
亀もいるんだ(´∀`)
デカよりも大きいとは…さすがミドリガメ(*゜Q゜*)
食べる量もハンパないでしょうね

昔のガラスきれいですよね(*´∇`*)

熱帯魚みたいなのかと思ってました(¨*)チガウノネ
中国だからタイリクなんだ
金魚みたいに上から見てきれいっていうんじゃないんですね
でもガラスの水槽重いでしょ…水替えが…(--;)なんでも水替えと結びつけてしまう
すごく大きくなったりはしないんですか(¨;)?
ユージュー
2018年03月28日 06:32
水を替えるのが手間なのも部屋で飼うのを
やめた理由のひとつです。
ヤマトヌマエビやスジシマドジョウなんかと
いっしょにして、美しさに癒されます。面倒で
さえなければまた水槽で飼いたいと思います。

大きくはなりません。
最大でも4、5センチくらいでしょう。
りな
2018年03月29日 00:50
魚はきれいです
水のなかをゆらゆらと泳ぐ姿は幻想的で 何時間でも眺めてられます(*> U <*)
4 、5センチくらいなら ちょうど飼いやすいサイズですね
婚姻色以外にオスメスで形が違ったりもするんですか(''?)
ユージュー
2018年03月29日 10:08
オスのほうがわずかに大きいかもしれません。
淡水魚なので飼いやすいのでおすすめです。
簡単に産卵してくれて増えるのはメダカです。
時々新しい「血」を入れてやる必要はありますが。
りな
2018年03月30日 00:22
すぐに死んじゃうイメージがあるんですよね…魚は
あれは金魚すくいのやつだったからすぐ死んでたのか 飼い方がまずかったのか(´ω`)
魚類には手がだせません(><)
ユージュー
2018年03月30日 06:00
たしかにそれはあります。
夏に水温が高くなると弱るし、
動物に比べればあっけなく死んでしまう
ところはありますね。
うちも今までにたくさん死なれてきています。
りな
2018年03月30日 14:53
ユージューさんでもそうならねぇ…(´ω`)
魚は私には難しいな
ユージュー
2018年03月30日 21:32
死なせてしまうとやはり落ち込みます。
生き物を飼うのは自分勝手な行為かもしれません。
りな
2018年03月31日 00:38
そうかもしれません
でも なにかいきものがいると張りがあります(^ω^)
死なれるとショックですけど 飼い主より長生きされてもそれはそれでね…
ユージュー
2018年03月31日 10:51
実は亀亀亀の将来がちょっと心配です。
デカとチビ、まだ二十歳になっていません。
ガメラはさらに若いです。

もしも50年生きるとしたら、30年後として、
わたし91歳です。どうしたものか。

池や川を知らずにきれいな水で育ち、
毎日おいしいエサをお腹いっぱい食べて育った
亀をどこかの池に放すのも可哀想です。
わたしは子供もつくっていないので、いずれ
引き継いで育ててくれる誰かを見つけないと
いけないのかもしれません。
りな
2018年03月31日 13:36
1年程前に実家の猫が死にました
母が「若ければ また飼うんだけど次に飼ったら自分の方が先に死ぬかも…」と悩んでました
けっきょく また拾ってきて飼ってるんですけどね(笑)
たぶんまた甘やかしまくって育ててるはずです(-ω-)前のもそうだったから
たぶん母が死んだら 私か弟の所に来るんだろうけど こんなに甘やかしてはやれないな…って思います
ユージューさんちの亀亀亀もブログで見るかぎり かなり大事に育てられてるみたいだから…後が心配になりますよね
この子たちを池に離そうっていう気にはなりませんよね(´ω`)
っていうかできませんよね…
ユージュー
2018年03月31日 20:22
ペットロスって言いますけど、犬でも猫でも一度
飼って死なれてしまったら、寂しさのあまりに
繰り返し飼い続けないといられなくなるんでしょうね。
新しい子が来たら悲しみが徐々にまぎれるでしょうから。
りな
2018年04月01日 00:07
うちにはいつも猫や犬 卵をとるために鶏・鯉(ガチで食料として)がいました
なにもいない生活ってさみしいです(T-T)
その頃はペットロスっていう言葉もまだなかったので気付かなかったけど 万年ペットロスだったんでしょうね…常になにかがいる状態でしたから
猫は今 母にとってかなり大きな精神的支えになってると思います
本当は私たちがもっと帰らないといけないんですけどね…(´ω`)猫に代わりをやらせてる感じになっちゃってます(;>_<;)ネコ ゴメン
ユージュー
2018年04月01日 06:42
鯉すごい(笑)。
子供の頃はずっと小さなアパート暮らしで、
生き物を飼うとしてもせいぜい金魚でした。
犬を飼っている家をうらやましく思ってました。

お母さんと猫は、飼い主とペットとの理想的な
関係じゃないですか。
お互いを必要として支え合って生きる。
なにもなしで暮らすより毎日が何倍も充実すると
思います。
りな
2018年04月01日 23:06
そうですかね…
そう言ってもらえると少し心が軽いです(*´∀`*)アリガトウゴザイマス

集合住宅で動物飼える所って少ないですもんね(´ω`)
あんまり思ったことないけど 恵まれてたのかな…

ユージューさんのところの亀亀亀も落ち着き先があるといいですね
ユージュー
2018年04月02日 03:54
これだけ人が皆長生きになってくると、
集合住宅もペット可にすればいいんでしょう
けど、嫌いな人には我慢できないですから。
民間の小さな集合住宅で、入居者全員犬好き、
猫好きという条件がそろわないと難しいですね。

何歳まで生きるかは神のみぞ知るですが、
とりあえず亀亀亀は野良にはさせないと
頑張るだけです。
りな
2018年04月02日 15:40
そうですよね ペットOKにすればいいのに(´ω`)

ユージューさんが91才まで元気でいるのが一番ですよね
移動は自転車と歩きで
運動もしてるみたいだし…いけると思う
でも水替えがきついですよね…
ロボットみたいなのが 自動でやってくれたらいいのに
ユージュー
2018年04月02日 17:28
エサやりと水替えも春と秋は気持ちがいいと
言えますが、夏が地獄なんです。
ベランダが東向きなので、朝の日当たりが
良すぎて暑さでフラフラになります。
魚を飼うのをやめようかなと思うことが
何度もあります。
りな
2018年04月02日 23:48
水替えって すべての作業がベランダで完結するんですか(・・?)
ユージュー
2018年04月03日 06:18
すべてベランダで行います。
魚を網ですくってほかの容器に移す。
汚れた水を捨て、ベビーバスの場合は
スポンジで汚れとヌメリをとる。

スイレン鉢ならもっと固いたわし状の
ブラシで内側をこする。

バケツにためていた新しい水を入れる。
魚をもどす。
ざっとこんな作業です。
りな
2018年04月03日 22:43
水槽の数が多いから大変ですよね(´ω`)
お風呂場でやったほうが涼しくないですかね
そうすると運ぶのが大変になるのか…
なんか楽な方法があればいいんですけどね
ユージュー
2018年04月04日 02:47
風呂場までベビーバスや、からっぽでも重い
睡蓮鉢を運び込むのは現実的ではないです。

それに、夏場でも水替えは週に1回ほどで、
普段は小さな折りたたみ椅子にじっと腰かけて、
網または大きなスポイドで糞を取り除く、
エサをぱらぱらと落としてやる、というあまり
からだを動かさない作業がメインなのです。

ただそれだけで、直射日光の暑さでフラフラに
なります。汗かきまくりです。

ですから、楽な方法があるとすれば「ベランダが
北か西を向いている家に引っ越す」でしょうか。
りな
2018年04月04日 05:46
確かに…焼き物の鉢なんか水が入ってなくても重くて運べない(-""-;)
日が落ちてから やるとか…
難しいですね(ーー;)
ユージュー
2018年04月04日 11:08
自分が好きでしていることですし、
少しでもからだを動かすことでダイエットに
役立っていると前向きに考えるべきですね。
りな
2018年04月04日 16:35
わたしも30年したら もう結構なお婆さんなので 他人事じゃありません(ーー;)貯筋しとかないと…
ユージュー
2018年04月04日 17:55
61にもなると30年後、20年後はおろか
10年後のことも考えたくありません。
手塚治虫の『火の鳥』の登場人物が
不老不死の身になりたいと血眼になる展開、
今となっては共感できます。
りな
2018年04月04日 23:16
ものすごくわかります…(´-ω-`)
ユージュー
2018年04月05日 06:54
こればっかりはどうしようもないんですけど
そういう人間の悩みを「みんな同じやな」と
少し軽くしてくれる『ルバイヤート』という
詩集が岩波文庫にあります。
一つひとつは俳句や短歌みたいに短くて、
読みやすいのでおすすめです。
一度図書館で探してみてください。
りな
2018年04月05日 15:35
そんな本があるんですね(m'□'m)
読んでみたい
図書館で探してみます
ユージュー
2018年04月06日 03:26
『ルバイヤート』は四行詩という意味で
昔のペルシャの学者かなにかが書いた短い詩
が集められています。
生きることのはかなさや、老いることの寂しさ
が諦めとともに淡々とうたわれます。
まあ、この説明でほぼ当たっていると思います。
りな
2018年04月06日 09:08
ペルシャですか(*゜Q゜*)
ルバイヤートってペルシャ語なんだ
今度DVDを受け取りに行かないといけないから その時に探してみよう(=^▽^=)
今まで 知らなかったことや見たことのないものに触れることができて楽しい
ユージュー
2018年04月06日 11:42
小学生の時に世界の名作文学といった本の
東洋編に中国、朝鮮、インドなどの作品と
並んで紹介されていてたまたま知ったのです。
ずっと記憶に残っていて、後に岩波文庫から
出ていることを知って入手しました。
ユージュー
2018年04月06日 11:45
追伸です。今、思い出しましたので。
集英社新書で2年前に『ルバイヤートの謎』
という本が出ています。
これも合わせて借りられたら面白いかも。
りな
2018年04月06日 23:50
小学生の頃に読んだものなんだ(m'□'m)
印象的な内容だったんですね
明日 図書館に行きます
2冊とも探してみます(*^∇^)v
ユージュー
2018年04月07日 03:11
どちらもあるといいですね。
フェイのCDのような結果にならないことを
願っています。
りな
2018年04月07日 09:23
そう 田舎の図書館はこわいです

当たり前になかったりしますから(笑)
でもこれは大丈夫そうな気がします(^ω^)
りな
2018年04月07日 11:46
ルバイヤートありました(*> U <*)
ルバイヤートの謎は他所からの取り寄せだったのでこの次です
あってよかった(´▽`)
ユージュー
2018年04月07日 20:23
よかったですね。
あっという間に読み終えてしまって
拍子抜けするかもしれませんけど。

この記事へのトラックバック