テーマ:水木しげる

西成区今池の猫たち

ご存知、阪堺線今池駅の人気ホルモン焼き屋台の近くで暮らすニャンコたち。 前回の暴走ニャンコ、ホンダやヤマハと同じ1月5日の写真。 上の赤レンガが残っている土手を阪堺線のチンチン電車が住吉大社、堺市、浜寺公園へと走る。 なぜかこの付近だけ軌道が地面よりはるかに高い。 つまりこの辺りでは「路面電車」ではないということ。理由は知ら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

貧乏旦那、逡巡の後に売り飛ばす。

てっとり早く話を進めると、水木しげるの貸本2冊を売って、手放した。 数年前なら考えられなかったことだが、60歳を過ぎて徐々に心境に変化が…。 「人生、残り20年。本もCDもどんなに集めたところで死ぬ時はからだひとつ」。そう思うようになった。 それに、自分の持っている水木さんの貸本にどれほどの値がつくのだろうという興味もあった。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

尼崎探訪

17日の金曜日、兵庫県尼崎市へ行ってみた。尼崎へ行くのはほとんど30年ぶりではないかな。 阪神甲子園球場(西宮市)へ行くことはある。神戸へ行くこともある。でも尼崎へはわざわざ行かない。 基本的に大阪人にとっては「通過する街」なのだ。 親しみは感じる。大阪市に隣接していて市外局番も同じ06。 なにより宝塚や西宮、芦屋、御影とい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

にゃんこ消防団

きのう、9月6日の午後、生野区桃谷のコリアタウンの近くで。 写真を見て「あ、猫がバケツの水を勝手に飲んでる」と思ったあなたの人生はなんてさびしく悲しいんだろう。 この人は地元の消防団員の李さんで、防火用水の点検中なのだ。 地域社会のために昼夜を問わず奮闘しているのだ。真面目で責任感が強いのだ。 それに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鬼太郎、笑うアメショーさん、デカさん

コップのフチ子の鬼太郎版『PUTITTO ゲゲゲの鬼太郎』。 シークレットを含むコンプリート(6点+シークレット1点)をなんばCITYのアダムスキーで購入。 上は通常のもの。下がシークレットの。 右の生まれたばかりの鬼太郎と目玉おやじがシークレット こどもの頃から尊敬しているねずみ男 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ディランやフェイ・ウォンのポスターを入れ替え

我が家のせませま廊下、長年同じポスター類を飾り続けてきたので、気分転換に入れ替えてみた。 フェイ・ウォン(王菲)は両面アクリルのフレームで。 反対側はこれ ボブ・ディランはずっと『追憶のハイウェイ 61』のポスターだったのを『時代は変る』に。ポスターは変る。 2点とも昔、グリニッジヴィレッジのポスター屋(そうとし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大丸梅田のゲゲゲの人生展

4月5日から大阪でもはじまった『追悼水木しげる ゲゲゲの人生展』に行って来た。 おりこうさんだから初日に行った。平日なら混み合わないのでゆっくり見られる。 おりこうさんだから前売り券も買っておいた。ネットで申し込んでセブンイレブンで発券。 文字だけの味気ないチケットだから半券を記念に残しておこうという気になれずあっさり捨てた。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

毛布と新入りもどき、そしてnoname

3か月も前、6月に撮ってほったらかしにしていた毛布の写真。毛布は静かな甘えた。 ゴロンする毛布といっしょに写っているのは「新入りもどき」 以前の毛布の記事 http://yujufudan.at.webry.info/201503/article_1.html…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GEGEGEのハンズや金魚ベビー

東急ハンズ各店で水木さんのキャラクターを使った工作、グッズ販売などが開催されている。 水木プロのツイッターでなにも紹介されていなかったので、このイベントを途中から知った。 おかげで万華鏡とアクセサリーづくりに参加できなかった、えーん。 材料費300円を払ってつくった。鏡に映してスリットから見るとアニメのように動いて見える。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒空の野良さんたち

こないだの3連休の間に見た野良さんたち 一人目は、おなじみ西成区は南津守から。 以前は一戸建てが建っていましたという雰囲気の空き地で枯葉、枯れ草に埋まっていたにゃんこさん。 すみませーん、ベロ、しまってくださーい。 30分後、ホームズで買い物を済ませてまた通りかかったら丸くなって眠りこけていた。 翌…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

追悼 水木しげるさん2

何年か前に、この夏亡くなった鶴見俊輔さんが『思い出袋』(岩波新書)という著書の中で、水木さんの『河童の三平』をこれまでに読んだ本のベストファイブとしてあげておられたことを紹介した。 『思い出袋』の中では「駆けくらべ」というエッセイでも『河童の三平』について述べておられた。 http://yujufudan.at.webry.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 水木しげるさん

とうとうこの日を迎えてしまった。 水木さん、きょう11月30日、午前7時に東京の病院で亡くなる。享年93。 小学生の頃からの大ファンで実に半世紀にわたって水木さんの作品を読み続けたわけだ。 こんな人ほかにはいない。 水木さん、もう締め切りに追われることもなく、のんのんばあ、トペトロ、作品中であっけなく死んでしまった河原三…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この鴨、2日連続かも

もしもしカモよ、カモさんよ、あなたがたは昨日、福島区の上船津橋にいたカモさんなのか? もしもそうならなんという奇遇。こんなこと珍しいかも! (昨日の記事はこちら) http://yujufudan.at.webry.info/201504/article_1.html ところで、きょうのこの池はおなじみ四天王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダーバード博

またも年明けに関係なく去年の話題。てへ。 年末に梅田の阪神百貨店で開催されているサンダーバード博を観た。 阪神百貨店のポイントカード(タイガースのマーク入りの初回限定バージョン)を持っているので入場無料だ。 中はおっさんとその連ればっかり。何人かいたけど、おたくっぽいおっさんほど気持ち悪いものはないな。 まれに子供がいたけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水木しげるの妖怪楽園

8月15日の敗戦の日に(断じて「終戦」などではない)、天保山で開催されているイベントにやっと行ってきた。 夏休みアンド盆休みだけあって子供連れが多い。入場まで10分ほど待たされた。 利発な俺はちゃんと限定グッズ付きの前売り券を購入していたのだ。 小さなルービックキューブをゲット。 世の中には2種類の人間がいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼太郎のDVDマガジン

この28日に創刊号が発売された『ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメ DVDマガジン』。 創刊号は790円と安いからとりあえず買っておいた。レジでポスターがもらえるのだ! きゃーっ! 昔、フェイ・ウォン、王菲の自家製カレンダーを入れていたフレームをさがし出して入れてみた。 自家製といっても昔リーマンやってたころに後輩のデザイナーにマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼太郎の駅弁でえらい目にあった

きのうまで梅田の阪神百貨店で開催されていた恒例の全国有名駅弁とうまいもんまつり。 3年前に買った『ゲゲゲの鬼太郎 風呂茶漬け』。 有田焼茶碗がついて1000円のものだが、茶碗の中の絵柄が変わったのだ。 尊敬するねずみ男先生が描かれているらしいので買わないわけにはいかんではないか。 下のURLは3年前の記事 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電池売りの猫

『マッチ売りの少女』ならアンデルセン、野坂昭如、水木しげるだが(水木さんは野坂昭如の小説を漫画化した)、きょうの主人公は東住吉在住の電池売りの猫さん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水木しげる先生のキャラメルコーン

そのようなありがたいものが5月14日に発売されることは何か月も前に情報を得ていて、「絶対に忘れたらあかんねん」と思っていたのにやっぱり忘れてしまい、ようやくきのうになって思い出し、夜にあわてて買いに走った。 いちばん近いライフとローソンにはないことを確認していた。 自転車で難波と大国町のあいだ、元町周辺に向かう。根拠はないがマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本橋ストリートフェスタそしてお彼岸の四天王寺へ

2年ぶりの日本橋ストリートフェスタがきのう開催された。 昨年は東日本大震災の直後ということもあって中止されたのだ。 人出が年々すごいことになってきたし、コミックとアニメとかコスプレとかメイドとか興味もないし、行く気など全然なかったのだが、漫画王国鳥取(表記はええかげんです)というブースが出ると知って気が変わった。 水木さん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水木さんの貸本漫画の復刻版 2

人間って駄目ね。弱いものね。というか、俺って駄目ね。 きのう、水木さんの貸本復刻版のボックスセットのいくつかを写真に撮って記事にしてという作業にいそしんでいたら無性に『河童の三平』が欲しくなってきた。 黒い服を着、先の尖った黒いしっぽをもち、黒い槍を手にした俺が、白い服を着た天使のような俺にささやきかけるのだ。 「お前が一番好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水木さんの貸本漫画の復刻版を

小学館クリエイティブがここ数年精力的に発行し続けている。 表紙やカラーページの再現などにも忠実なていねいな造本で、それは単純にうれしくありがたいことではあるのだけれども、どうしても高価なものになるので、ものによっては買うのをためらっていた。 たとえば『悪魔くん』(東考社版)。俺はすでにこれだけ所有している。 5種類も持っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬の昼寝

久しぶりで、絵に描いたような犬の昼寝に遭遇した。場所は北区の天神橋。 奥ではなにやらミルクチョコレートもとろとろに溶けている。 犬小屋には張り紙があって、おなかをこわすのでおやつをあげないでくださいとのこと。 以前の犬の昼寝 http…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

色いろいろ

難波宮跡で中国の食や物産のイベントが開催されたので行ってみた。 時々買い出しに行く西区九条の豚まんの隠れ名店「邵記」(しょうき)も出店していた。 思わず買いそうになったが暑いのでやめる。 これは2日ほど前の朝。冷蔵庫の扉がベランダから差し込む朝日でこんな風に輝いていた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

兵庫県立美術館の『水木しげる・妖怪図鑑』

前回の記事、阪神百貨店でのゲゲゲ展に続いてまたまた水木さんイベント。 神戸へ11日の土曜日に行って来た。 会場の兵庫県立美術館は阪神三宮の2つ手前の岩屋駅にある。駅から歩いて8分。遠い! しかし、とりあえずは三宮に行かねばならなかった。 なぜって前回の記事で紹介したスタンプラリー。 4つ目を押してノートをゲットするため…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

阪神百貨店のゲゲゲ展

梅田の阪神百貨店で8月31日(火)まで開催されている「水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展」に行った。 夏休み中の土曜日で、おまけにNHKの『ゲゲゲの女房』の影響はすさまじいだろうと覚悟はしていたものの、その覚悟をはるかに上回る人出で会場は大混雑。 入場するのもグッズ売場のレジもとにかく行列また行列。 自分もその人出の一部なのだから文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝のクサガメの冒険ごっこ

我が家のあほクサガメ、亀山デカ(♀・9歳)の最近のお気に入りは、朝(6時半から7時頃)、目が覚めたら、押入れの奥から布団袋を乗り越え、一気に滑り降りて外へと脱出すること。 いつもは、先に人間様の朝食の準備をし、一段落ついたら亀どもを押入れから出して水の中に戻している。 それが、飼い主様につかまれて押入れの外に出されるのをじっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの駅弁

阪神百貨店で開催されているその名も「阪神の全国有名駅弁とうまいもんまつり」に行って来た。 でも、だいたいが俺は駅弁に対してなんの思い入れもない。 そもそもわたしゃ貧乏性で、その実貧乏で、なにを隠そう貧しいものだから、駅弁なんか見ても「おまーら300円くらい高いよな」といったことしか思いつかない。あるいは「おまーさんは、あれとあれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

亀ライト点灯

先週の土曜日、寒そうにしているのでつけてやった。 でも、暖かい場所でじっとしているかというとそうでもないのだ。 今年に入って水木さんの貸本漫画をほいほい復刻させている小学館から今度は『怪奇 猫娘』が出た。 3冊目である。全部1900円プラス消費税である。 出してくれるのはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信念の人

そう、あの人、きのう国会に参考人招致され、嬉々として持論を展開していたあの人は、キチガ●でもなんでもない、どこまでも自分の信念に忠実な人なのだ。だからこそ始末が悪いのだ。 同じようなことを言ったり書いたりする輩は昔から腐るほどいるから、「またか」ってなものだけど。 ただ、その信念のあまりの程度の低さを世界中に知らしめた点で、あの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more