テーマ:

2020年3月31日 三毛婦人 3

前回、三毛婦人またの名をマダム三毛の写真の貼り残しがあった。 まあ、せっかくなので。 同じ日、よくニャンコさんがいる西成区北津守のピンクのアパート。 中央の芝に。 もう一人。 左右に分かれてくつろいでいる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月31日 三毛婦人 2

マダム三毛の続き。男を手玉に取る(死語)性悪女(死語)。 クサガメの亀山デカ(♀)が、ベランダに洗濯物を干す妻から 「邪魔!」と怒られる証拠写真。9月11日の午前中に撮影。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月31日 三毛婦人 1

浪速区恵美須西の妖艶マダム、三毛婦人。 この近所の散髪屋に勤めるようになって今では会うことも少なくなったが… この日、婦人はたくさん写真を撮らせてくれたので、あと何回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

づぼらや

づぼらやの廃業が報道された後、子どもの頃から見慣れた光景もいつか 見納めになるかもしれないと思って写真を撮っておいた。 撮ったのは7月16日。 そして9月3日の未明、とうとうあの提灯が撤去されたそうだ。 あべの経済新聞というサイトで撤去作業の写真が見れる。 https://abeno…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月30日

間違いなく最多登場か、チビチビ一家。まず、娘さん。 祖母のチビスケにも母のチビチビにも似ずに大きく育った息子さん。 チビチビがどこか遠くを見ている。母を思い出しているのか。 桜の季節だった。清水(きよみず)坂。塀の中は清水寺。 阪神高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月24日 したでらまち地蔵盆献灯会

8月23日と24日の2日にわたって、天王寺区下寺町、松屋町筋沿いの浄土宗の 寺院で「したでらまち地蔵盆献灯会」が催された。 本来、この時期は各町会で地蔵盆を催し、地域の子ども達が自転車でお菓子を もらいに走り回る光景が見られるのだが、今年は新型コロナの影響でおそらく 開催した町会はほぼゼロだったと思う。 そんな状況を配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年9月2日 きのうのデカとガメラ

きのう9月1日、ベランダで何時間も動かない亀山デカとガメラ。 上がイシガメのガメラ(♂)、デカが大好き。下は亀山デカ(♀)。 亀山デカはクサガメで、ガメラにももう1匹の雄亀の亀山チビにも まったく興味なし。 1923年の9月1日の関東大震災の後、多くの朝鮮人、中国人、沖縄出身者、 社会主義者が官憲と市民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月28日と31日

昼前、ベランダのスノコの上でまったりする亀山デカ。 ここでのんびりされると部屋とベランダとの往き来、洗濯物を干す作業の 邪魔になるので妻がいつもデカに文句を言っている。 午後、こちらもひとりでまったりする愛ちゃん。 そこそこの近所に暮らす私にとって都合のいい愛人。 すぐに私に気づいてニャン、ニャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月17日 7

どこで何をしたのかさっぱり覚えていないが、とにかく住吉区、西成区から 浪速区まで戻ってきた。どうせ何もしていないに決まっている。 浪速区惠美須西。ホンダとヤマハが暮らす大隅青葉荘。 自販機の陰がやつらの部屋。家賃は滞納し続けている。 ヤマハが寝ていた。 起きてた 近くの大隅系アパート。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月17日 6

ああ暑い。おお暑い。 朝、炎天下のベランダでクサガメとイシガメと金魚とクロメダカとシロメダカと タイリクバラタナゴの世話を終えた瞬間、もうなんの気力も残っていない。 ブログの更新もまたサボりがちになってしまっている。 粉浜のあとで玉出商店街東詰めの写真が出てきたということは、この日、 住吉大社か安立(あんりゅう)あたりに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月17日 5

家を出て南へ南へと自転車を走らせ、住之江区粉浜まで来た。 すぐ近くの路地。なにかいる。 たぶん同一ニャン物 これも近くで。この人は別の人。 次回に続く。 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月17日 4

西成区山王のてんのじ村を通り過ぎ、南へと自転車で向かっている。 どこへ何をしに行ったのか覚えていないが、どうせ私の1年365日に 用事など一切ない。ここは西成区の天下茶屋のどこかか。 板と有刺鉄線に守られた場所に入ってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年3月17日 3

だらだらとチビチビ一家の続きから。 道の向こうから人が歩いてくるのをしばらくじっと見ることがよくある。 飼い主さんによると、こういう「非常事態」の際にしっかりしているのは、 母親のチビチビで、息子さんはからだがでかいだけでアカンのだそうだ。 四天王寺…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2020年3月17日 2

きょう8月15日。敗戦の日。韓国では光復節。 台湾の光復節は10月25日。これも日本による統治の終了を記念する日。 3月17日のチビチビ一家の続き。チビチビ家の脇の路地。 左から息子さん、娘さん、チビチビ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年3月17日 1

今さら言うことでもないが、いつも同じ登場ニャン物で申し訳ない。 またも天王寺区のチビチビ一家。母親のチビチビ(左)と息子さん。 息子さんは大柄 娘さん 娘さんが無言でなでなでを待っていた …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2020年3月12日 4

生野区北巽の堀川で橋を守る茶トラさん。 この名前を知らない堀川あるいは運河、八尾の久宝寺緑地辺りから生野区の 平野川分水路へ流れ込んでいる。 動かない 向かいの民家になにかを感じた。 かすかな怪しい猫影を私は見逃さなかった。 やはり… …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2020年3月12日 3

家の前の小さな滝道広場で憩うチビチビ一家の続き。 次回予告。 川端で橋の設備の整備・点検を担当する茶トラさん。 我が家のベランダから四天王寺の別院、愛染堂の多宝塔の屋根が見える。 201…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

2020年3月12日 2

チビチビ一家の続き。チビチビ。 娘さん 一家のお気に入り。家の前にある清水寺の滝道の道標。 左に数メートル進めば清水寺の入り口。 中では水がチョロチョロ流れ落ちて昔から玉出の滝と呼ばれているけれど… 猫の額ほどの小さな広場。小さな広場は変か。 子どもの頃この寺で書道を習…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2020年3月12日 1

早春のチビチビ一家 白と黒が母親のチビチビ。中央のサビが娘さん。シャムっぽいのが息子さん。 だいたいの猫は溝が好きなのか? …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2020年6月17日 南都さん 4

きょう、東京のコロナ感染者は400人を超える見込みらしい。 全国的な感染拡大が止まらない、いや、日に日に勢いが増し続けている。 検査も隔離も不十分なまま「旅行で全国に散らばれ」と亡国クソ安倍政権。 四天王寺の南都さんも怒っていることだろう。六時礼賛堂と石舞台。 石舞台のウッドデッキ状の部分の隙間にカナ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2020年6月17日 南都さん 3

動くのも面倒だし、そもそも動く必要もない南都さんの続き。 隙のない見事なだらけぶり。南都さん、あなたを師匠と呼んでもいいかい。 南都さんは次回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年6月17日 南都さん 2

昨年の秋か冬から四天王寺の亀の池の石舞台に出没する南都さんの続き。 いつまでも寝たふりを続ける南都さん やっぱり起きてる。しかもしっかりと。 コロナの影響で訪れる人が少ない今のほうが落ち着けるのか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年6月17日 南都さん1

おそらくこの日は、韓国の食材を豊富に扱っている生野区のスーパー巽へ 買い出しに行ったのだと思う。 その帰り道、四天王寺の石舞台で久しぶりに例の人に出会った。 何度か書いているが石舞台と六時堂(六時礼讃堂)は重要文化財。 以下はインターネットからの受け売り。 六時堂は江戸時代、1623年の再建で太平洋戦争の空襲を生き延び…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2020年3月7日 3

天王寺区なのか生野区なのか、どこにいてはったニャンコさんなのかさっぱり 覚えていない耄碌頭で今年の3月7日の続きを。 どこかをウロウロしてとにかくチビチビの家の前まで戻ってきた。 家まではあと少し。かろうじて帰り道は忘れていなかった。 How does it feel with no direction home? チ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2020年3月7日 2

また出た。半年も経っていないのにどこで撮ったか思い出せない写真。 ここはどこ? 私は私。天王寺区か生野区のどこかなのだ。 袋小路、dead endというやつ。 これは最近、7月17日の写真。生野区某所の柴犬にあるまじき甘えたさん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2020年3月7日 1

浪速の不動産王・世話役が自分の地所でくつろいでいる。左は阪神高速の高架。 隣接する阪神高速の高架下。ここももちろん世話役の土地。 幼い頃に世話役に世話されたはずのニャンコさん。 東へ進み松屋町筋。寺と自動車屋とオートバイ屋が集まっている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2020年3月2日 4

3月2日の写真は今回で終わり。なんだか初辰参りの住吉大社が頻出するな。 阪堺電車の電車道に近いこの辺りは、いつでも出店があるのかもしれない。 写真中央奥は南海の住吉大社駅 南に移動して安立(あんりゅう)の商店街。廃業を報せる小さな貼り紙。 同じ商店街の花屋のホース担当 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2020年3月2日 3

更新をさぼってしまった。毎日暑い! 梅雨は明けそうな感じ。 けさ、7月20日、亀山デカ、今年2回目の産卵。これでこの夏は打ち止めだろう。 今年3月2日の大隅青葉荘のホンダとヤマハの続き。のどが渇いたヤマハ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2020年3月2日 2

3月2日、浪速区恵美須西の大隅青葉荘のホンダの続き。 近所の宿泊施設・YOLO BASEの駐車場に遠征していたホンダ。 なでる側もなでられる側もしつこい。 4、50メートル南へ移動。大隅青葉荘の植え込みにいたヤマハ。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

2020年3月2日 1

西成区を経由して住吉大社の初辰参りへ行くところ。 まだ浪速区。南海今宮戎駅の近く。 縁起を担ぐ人ならこういう名前のビルにひかれるのかも。 新今宮駅のほうへ移動中。 大隅青葉荘の手前4、50メートルで散歩中のホンダを発見。 場所は浪速区恵美須西。 後ろの建物は、昨年9月に開業したYOLO BASEという建物。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more