テーマ:四天王寺界隈

2019年9月22日 チビチビ母娘 1

9月22日ということはお彼岸の真っ最中なので、四天王寺へ行く途中だな。 チビチビ 私のことをとても気に入ってくれているチビチビの娘さん 母と娘 もう一人の娘、サビの色の濃いほうを最近見かけない。 溝がお気に入り しばらく出たくない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月13日と9月18日 4

しつこく続くトラヘイさんの写真。 同じような写真ばかりでもううんざりと言う方もおられようが、 私はトラヘイさんのファンなので、使える写真はできるだけ使いたい。 おしまい 同じ日、ひとりでいた世話役。 夏の午後、世話役と世話役の長い影。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月13日と9月18日 2

9月18日のトラヘイさんの続き トラヘイさん、動く! これぞ「寅塀さん」 心優しいトラヘイさん、この日はいつまでも撮影に協力してくれた。 まだまだ写真があるので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019年9月13日と9月18日 1

9月13日、尼崎のコストコへ行ってみた。これは近くの交差点の写真。 形状がそのまま名前になっているのがなんか面白くて撮ってみた。 近松門左衛門は、墓が尼崎市内の寺にあるなど尼崎に縁があるので、 道路の名称にもなっている。 JR尼崎駅へ向かう途中だったかな、こんな家、いや元家があった。 9月18日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

7月12日 天王寺区と生野西 2

生野西の眠そうだった人の続きから また少し移動してさらなる別宅へ 買い物を済ませて天王寺区の勝っちゃんストリートまで戻ってきた。 トラヘイさんはまだ塀の上にいた。時間が止まっている。 トラヘイさん、気分が乗ると降りてく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

7月12日 天王寺区と生野西 1

写真奥を左に折れると清水坂がはじまる。高い石垣は清水寺。 この石垣の上をよく「手袋」が曲芸師のようにスタスタと歩いていた。 毛袋はめったに坂道に出てこなくなり、会えるのは年に数回。 近くの泰聖寺で今も元気に暮らしていると思う。 2013年5月の手袋、グレ、ミミ。 https://yujufudan.at.webry…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月24日のトラヘイさん 2

天王寺区勝山の勝っちゃんストリートで暮らす柔和なトラヘイさんの続き。 さわりほうだい このブログ恒例、代わり映えしない写真がダラダラ続く。 トラヘイさん、たまに降りて来てたっぷり遊んでくれるのだけど…。 この日…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

5月24日のトラヘイさん 1

トラヘイさんの前に四天王寺の亀さんたちを クサガメ この亀さんは上の写真の右下隅にいる。 左からミシシッピアカミミガメ、スッポン、クサガメ。 天王寺区勝山の勝っちゃんストリート。 相変わらず勝っちゃんとは再会できていないが、トラヘイさんがいた。 トラヘイさんはどこ? ここ トラヘイ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

5月16日 生野区と天王寺区 3 娘さんと

チビチビの娘さんの続き 閲覧注意。似たり寄ったりの写真がだらだらと続きます。 チビチビの家の前からさらに私の家の近くへ戻ってきた。 阪神高速高架下の世話役がいた。きょうはひとりで自転車の番。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

5月16日 生野区と天王寺区 2 娘さんと

生野区からの帰り道、もうすぐ家に到着。 チビチビの娘さんがいたのでしばらくかまってもらった。 母のチビチビと3人のこどもたちが全員そろっていることはもうない。 みんな成長したので遊ぶのもひとり。 奥は昔からタヌキ一家が暮らす安居神社 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月4日 高架下のミケさん

阪神高速環状線高架下4きょうだいのミケさん。 ちょうど金網をくぐり抜けてお出かけするところだった。 四天王寺ではゴールデンウィークの古書市が開催されていた。 これは翌5日の高架下の写真。4きょうだいの心優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月22日のチビチビ

その前にしつこく4月20日の続き。今宮のコーナンの近く。 少し離れた、金網のフェンスで守られた場所。 四天王寺へ向かう途中。チビチビが留守番していた。 近くの清水坂ではこの時期、毎年藤が咲く。 22日の四天王寺は、21日のお大…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

番ニャン、娘さんなど

春と秋のお彼岸の期間は、四天王寺のお大師さん(骨董市)も1週間近く開催される。 3月20日、宝物殿。 ここが番ニャンのお気に入りの場所。長持形石棺蓋と石鳥居笠石。 写真中央、説明パネルと笠石の間の白い点みたいなものは実は番ニャンさんなのだ。 この日はとくに地面を警戒 険しい表情にこちらにも緊張感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月18日のベースさん 4

四天王寺の宝物殿の番人の続き 自分が重大な任務についていることを完全に忘れ去っている 働け 昔、南海にいたデビットという選手は、大阪球場でよく「働けデビット!」と野次られていた。 こんな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月18日のベースさん 3

阪神高速高架下のきょうだいに別れを告げ、松屋町筋を浪速区側から天王寺区側へ、東に渡る。 清水坂を上る手前、チビチビの息子さんが門扉の内側にいた。 四天王寺に三つある内の大きな鯉と大きなスッポンがいる池 いつもチェックを入れる店のひとつ。この棚と足元のごちゃごち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久々の勝っちゃん 2

2月2日の勝っちゃんの続き。いつものとおり、前回と同じような変化のない写真をだらだらと。 働けど働けど じっと手を見る 貧しい者同士仲良くやるか お前のその目つきは凶器なのだ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

久々の勝っちゃん 1

およそ2か月前の2月2日 例によってゆっくりと近づいて来る。「またあんたか、面倒な」とでも思っているのだろうか。 「ほな、たのむわ」 「腰もたのむわ」 「あ~あ、眠た…」 床ずれ防止か …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

またもホンダとヤマハとその手下 1

1月5日またもや街のダニ、暴走族のこいつらがいた。 反省しないこいつらの個人情報を明かしてやる! 大隅青葉アパートの住人だ。 顔つきがワルそのものではないか こいつらの将来を思えばこそ心を鬼にして、今回も泣く泣く鉄拳をふるう。 バシッ、バシッ。え~い、これでもま…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

下寺町のサビーズ

チビチビ、クロスケ、毛布、グレ、手袋たちが暮らす坂道一帯は、夕陽丘というほうが一般にはわかりやすい。 でも、厳密にいうと坂の下は天王寺区下寺町。どうでもいいことですが。 12月26日、愛染坂の近く、かつて存在した大阪府立社会事業短期大学へと続く坂道に暮らす毛布に会った。 …
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

勝っちゃん 2018年12月16日の1

このブログもとうとう殺し屋勝っちゃんに乗っ取られてしまった。 前々回あたりで書いたように、昨年12月は勝っちゃんストリートを通るたびにこいつと出くわした。 いかんいかん、これでは『優柔不断の不眠勝っちゃん』ではないか。16日の続きは次回。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

その後の勝っちゃん 12月15日の1

昨年の12月は驚くほど勝っちゃんに出会った。 もともと、天王寺区勝山の勝っちゃんストリートは普段あまり通ることがない道。 勝っちゃんと出会う頻度も数か月に1度というのが普通だった。 それがなんと9日、15日、16日、21日、26日と12月だけで5回もあいつがいた。 私は執拗に命を狙われているのか。 勝っちゃんのだらだら写真…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都の北野天満宮へ

その前に夕陽丘の清水坂のリキの家のひさしクン。 きのう25日は北野天満宮で毎月の骨董市がたつ日。1月は初天神でもあるので昨年6月25日以来の京都行。 今回は往復とも京阪電車を利用した。 祇園四条に着いて、大阪人が京都に来たら絶対にしなければならない用を一番に済ませ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

いきなり奈良へ 再び その4 そしてトラヘイさんその1

ひとり600円の大金を払った貧乏夫婦は大仏殿に足を踏み入れた。 20年は見ていなかったかもしれない大仏さん。 アジアのどこの国の人だろう、大仏さんを見るなり感嘆の声を上げて合掌し何度も頭を下げている人がいた。 大仏さんの写真は何枚も撮ったのにほとんどがブレてボケて使い物にならなかった。 やはり1万円を切るあほデジカメ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

いきなり奈良へ 再び その3

東大寺の境内はとにかく広大で、土産物屋もいくつか点在している。 鐘楼を過ぎて大仏殿のほうへ歩いていると、爺ちゃんがぽつんといる寂しい土産物屋があった。 鹿の箸置きを買った。1つ150円。 箸置きは小さくてちょっと使いづらいが可愛い。 「昔はブーンて音の鳴る小さな鹿の笛を奈良のどこでも売ってましたね」 「ああ、あ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

いきなり奈良へ 再び その2

前回の続き、11月29日の東大寺。 二月堂の休憩所で無料のお茶が飲める。そのお茶を沸かす窯が渋い。 どれくらい煙とススが満ちるのかちょっと気になる 梵鐘も鐘楼もともに国宝 のんびりと散策を楽しみながら大仏殿のほうへ戻ってきた 東大寺の写真はさらに次…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なんばパークスの白い猫

年が明けてもまだまだ続く2018年の写真。 あと3か月ほどで新国王就任に伴う年号発表でまた保守、右翼、極右が浮かれ騒ぐのか。 ああいやだいやだ。 2018年11月18日。東横堀川沿いに暮らす例の軍団。時々少人数がフェンスの外に出ている。 フェンスの中 最近は以前のように10匹近くがわ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

自由を満喫するチビチビ

10月31日のチビチビ。 いつもそばに子猫がいることがなくなった。子育てから解放されてチビチビ自身が子猫にもどったように思える。 11月2日。西成区の幼稚園あるいは保育園の跡地で暮らすおなじみ怪奇クロネコ軍…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

天王寺、西成、大正、西。

10月26日、天王寺区の夕陽丘の清水坂の上。赤茶色の雑種のリキが暮らしていた家の塀で。 リキは元の飼い主に虐待されていたのをこの家の爺ちゃんが引き取って可愛がっていた。 毎日何時間も「たいへんやわ」と言いながら散歩が大好きなリキに付き合っていた。 リキはいつも静かで、なでてやるとじっとおとなしくして家に帰るのを嫌がった。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

愛ちゃんLOVE

再会の日は突然やってきた。10月25日、およそ1年ぶりの愛ちゃん。 むこうもこちらをしっかり覚えていてくれて、目が合うと勢いよく駆け寄ってきた。 悲しいことに我がデジカメは超安物。暗い場所にも逆光にも弱く、ボケボケの写真ばかり。 水の容器が変わっていたが色は赤いまま。愛ちゃんは赤が好きなのだ。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

銃に手を出してしまった

最近のどうでもいい色々なことを日時に関係なく適当に。 浪速区大国町で、ヒッチハイクをしてどこかへ行ってしまいたくなったカラス。 気が変わった 西梅田のドーチカ、堂島地下街のインデアンカレー。バカのなんとかでまたここのカレーを食べた。 昔は会社が西梅田だったので週一で通った。 インデアンの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more