テーマ:四天王寺界隈

4月22日のチビチビ

その前にしつこく4月20日の続き。今宮のコーナンの近く。 少し離れた、金網のフェンスで守られた場所。 四天王寺へ向かう途中。チビチビが留守番していた。 近くの清水坂ではこの時期、毎年藤が咲く。 22日の四天王寺は、21日のお大…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

番ニャン、娘さんなど

春と秋のお彼岸の期間は、四天王寺のお大師さん(骨董市)も1週間近く開催される。 3月20日、宝物殿。 ここが番ニャンのお気に入りの場所。長持形石棺蓋と石鳥居笠石。 写真中央、説明パネルと笠石の間の白い点みたいなものは実は番ニャンさんなのだ。 この日はとくに地面を警戒 険しい表情にこちらにも緊張感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月18日のベースさん 4

四天王寺の宝物殿の番人の続き 自分が重大な任務についていることを完全に忘れ去っている 働け 昔、南海にいたデビットという選手は、大阪球場でよく「働けデビット!」と野次られていた。 こんな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月18日のベースさん 3

阪神高速高架下のきょうだいに別れを告げ、松屋町筋を浪速区側から天王寺区側へ、東に渡る。 清水坂を上る手前、チビチビの息子さんが門扉の内側にいた。 四天王寺に三つある内の大きな鯉と大きなスッポンがいる池 いつもチェックを入れる店のひとつ。この棚と足元のごちゃごち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久々の勝っちゃん 2

2月2日の勝っちゃんの続き。いつものとおり、前回と同じような変化のない写真をだらだらと。 働けど働けど じっと手を見る 貧しい者同士仲良くやるか お前のその目つきは凶器なのだ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

久々の勝っちゃん 1

およそ2か月前の2月2日 例によってゆっくりと近づいて来る。「またあんたか、面倒な」とでも思っているのだろうか。 「ほな、たのむわ」 「腰もたのむわ」 「あ~あ、眠た…」 床ずれ防止か …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

またもホンダとヤマハとその手下 1

1月5日またもや街のダニ、暴走族のこいつらがいた。 反省しないこいつらの個人情報を明かしてやる! 大隅青葉アパートの住人だ。 顔つきがワルそのものではないか こいつらの将来を思えばこそ心を鬼にして、今回も泣く泣く鉄拳をふるう。 バシッ、バシッ。え~い、これでもま…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

下寺町のサビーズ

チビチビ、クロスケ、毛布、グレ、手袋たちが暮らす坂道一帯は、夕陽丘というほうが一般にはわかりやすい。 でも、厳密にいうと坂の下は天王寺区下寺町。どうでもいいことですが。 12月26日、愛染坂の近く、かつて存在した大阪府立社会事業短期大学へと続く坂道に暮らす毛布に会った。 …
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

勝っちゃん 2018年12月16日の1

このブログもとうとう殺し屋勝っちゃんに乗っ取られてしまった。 前々回あたりで書いたように、昨年12月は勝っちゃんストリートを通るたびにこいつと出くわした。 いかんいかん、これでは『優柔不断の不眠勝っちゃん』ではないか。16日の続きは次回。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

その後の勝っちゃん 12月15日の1

昨年の12月は驚くほど勝っちゃんに出会った。 もともと、天王寺区勝山の勝っちゃんストリートは普段あまり通ることがない道。 勝っちゃんと出会う頻度も数か月に1度というのが普通だった。 それがなんと9日、15日、16日、21日、26日と12月だけで5回もあいつがいた。 私は執拗に命を狙われているのか。 勝っちゃんのだらだら写真…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都の北野天満宮へ

その前に夕陽丘の清水坂のリキの家のひさしクン。 きのう25日は北野天満宮で毎月の骨董市がたつ日。1月は初天神でもあるので昨年6月25日以来の京都行。 今回は往復とも京阪電車を利用した。 祇園四条に着いて、大阪人が京都に来たら絶対にしなければならない用を一番に済ませ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

いきなり奈良へ 再び その4 そしてトラヘイさんその1

ひとり600円の大金を払った貧乏夫婦は大仏殿に足を踏み入れた。 20年は見ていなかったかもしれない大仏さん。 アジアのどこの国の人だろう、大仏さんを見るなり感嘆の声を上げて合掌し何度も頭を下げている人がいた。 大仏さんの写真は何枚も撮ったのにほとんどがブレてボケて使い物にならなかった。 やはり1万円を切るあほデジカメ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

いきなり奈良へ 再び その3

東大寺の境内はとにかく広大で、土産物屋もいくつか点在している。 鐘楼を過ぎて大仏殿のほうへ歩いていると、爺ちゃんがぽつんといる寂しい土産物屋があった。 鹿の箸置きを買った。1つ150円。 箸置きは小さくてちょっと使いづらいが可愛い。 「昔はブーンて音の鳴る小さな鹿の笛を奈良のどこでも売ってましたね」 「ああ、あ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

いきなり奈良へ 再び その2

前回の続き、11月29日の東大寺。 二月堂の休憩所で無料のお茶が飲める。そのお茶を沸かす窯が渋い。 どれくらい煙とススが満ちるのかちょっと気になる 梵鐘も鐘楼もともに国宝 のんびりと散策を楽しみながら大仏殿のほうへ戻ってきた 東大寺の写真はさらに次…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なんばパークスの白い猫

年が明けてもまだまだ続く2018年の写真。 あと3か月ほどで新国王就任に伴う年号発表でまた保守、右翼、極右が浮かれ騒ぐのか。 ああいやだいやだ。 2018年11月18日。東横堀川沿いに暮らす例の軍団。時々少人数がフェンスの外に出ている。 フェンスの中 最近は以前のように10匹近くがわ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

自由を満喫するチビチビ

10月31日のチビチビ。 いつもそばに子猫がいることがなくなった。子育てから解放されてチビチビ自身が子猫にもどったように思える。 11月2日。西成区の幼稚園あるいは保育園の跡地で暮らすおなじみ怪奇クロネコ軍…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

天王寺、西成、大正、西。

10月26日、天王寺区の夕陽丘の清水坂の上。赤茶色の雑種のリキが暮らしていた家の塀で。 リキは元の飼い主に虐待されていたのをこの家の爺ちゃんが引き取って可愛がっていた。 毎日何時間も「たいへんやわ」と言いながら散歩が大好きなリキに付き合っていた。 リキはいつも静かで、なでてやるとじっとおとなしくして家に帰るのを嫌がった。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

愛ちゃんLOVE

再会の日は突然やってきた。10月25日、およそ1年ぶりの愛ちゃん。 むこうもこちらをしっかり覚えていてくれて、目が合うと勢いよく駆け寄ってきた。 悲しいことに我がデジカメは超安物。暗い場所にも逆光にも弱く、ボケボケの写真ばかり。 水の容器が変わっていたが色は赤いまま。愛ちゃんは赤が好きなのだ。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

銃に手を出してしまった

最近のどうでもいい色々なことを日時に関係なく適当に。 浪速区大国町で、ヒッチハイクをしてどこかへ行ってしまいたくなったカラス。 気が変わった 西梅田のドーチカ、堂島地下街のインデアンカレー。バカのなんとかでまたここのカレーを食べた。 昔は会社が西梅田だったので週一で通った。 インデアンの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

チビチビ

10月8日、月曜日昼前のチビチビ。家の前で一人で遊んでいた。チビチビに会うのはかなり久しぶり。 チビチビの3匹の子猫たちはもうずいぶん見ていない。どこかにもらわれて行ったか。 溝の中のなにかに気をとられているような様子 小さくて分かりづらいが、鼻の下にカマキリが写っている。 この写真にも小さく …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大阪市猫区

毎日雨、雨、雨でうんざり。 四天王寺の秋のお彼岸も見事に雨にたたられてしまい、店の数も人出も普段の半分だった。 3日目でようやく雨が上がったが地面はそこらじゅうぬかるんで、おまけに水たまりだらけ。 人出の少なさには、先日の関空の台風被害がかなり影響しているのかもしれない。 このお好み焼きの店はけっこう古株…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

約束。ただし一方的な。

どこへも行く予定がなく、どこかへ行こうという気も起きず、なにかをする気にもなれない1日。 寝転んでだらだらと阪神の試合の中継を見ていたら横浜にサヨナラ負けしてしまった。 3月18日の午後に毛布の写真をたくさん撮って、ブログで続きは次回と書いたのを今になって実行します。 https://yujufudan.at.webry.…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

また、はがくれへ。

8月29日、西成区のだだっぴろい空き地で。 8月30日、吸い寄せられるようにまた大阪駅前第三ビルのはがくれへ。 この日も当たり前のように行列。9月25日の閉店の日まであと何回来れるだろうか。 改装が進む阪神百貨店 梅田からの帰り道。例の東横堀川のクロネコ軍団。 軍団の一人はフェンスの外で…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

続チビチビ一家ほか

7月8日のチビチビ一家 引っ込み思案の白い子はやはり門扉の外に出て来ない ちびのチビチビがいつのまにかしっかり母親になっているのだから大したもんだ 天王寺区勝山の勝っちゃん通り。炎天下の平日昼間、歩く人もいない。数分歩けば四天王寺の東門に至る。 この写真のど…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

チビチビ一家ほか

連日の暑さと阪神の弱さで身も心もぼろぼろで更新を怠けてしまっている。 こんなことでは自民党の議員のような人間のクズになりさがってしまう。がんばらなければ。 6月30日、自宅の前でこどもたちを遊ばせるチビチビ。 右側の白い子は臆病で、家の門の鉄扉の外へ出ないことが多い。この時は出て来てみんなと遊ん…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

雨宿り

6月30日、生野商店街へおいしいコロッケとおいしいキムチを買い出しに行く。 その前に、JR環状線寺田町駅近くのいか焼きの剣吉へ。 過去に何度か買って帰ったことがあるが初めて店内で焼き立てを食べた。写真は基本のいか焼き、350円。 いか焼きは薄く大きく焼いて、ぺたんぺたんと折りたたんで皿にのせられる。 これと卵といかがダブルダ…
トラックバック:0
コメント:45

続きを読むread more

最近の亀事情

6月25日の京都遠征、北野天満宮で買った亀。鋳鉄製の靴べらで紙箱付き。 おばちゃんが「売れへんから値下げしたとこ」と言って100円。まあまあよくできている。 裏返すとちゃんと亀の腹甲 土鈴。これも紙箱付き。 京極だったか繁華街の刃物の店で。はさみ。 こちらは何年も前から大阪でも見ていたが…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鴨川の亀石そしてペックのフォカッチャ

6月25日、月曜日、仕事は休み。 毎月25日に北野天満宮で東寺の弘法さんに次ぐ規模の骨董市が開催されることを2、3か月前に知った。 行ってみた。地下鉄で京橋へ。京橋で京阪の特急に乗り換え、終点の出町柳からは京都市バス。 人生初北野天満宮 夏のように暑い日だった。確かに店が多い。 四天王寺のお大師さんに入り浸…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

グギガギ

久々に清水坂の上で暮らす漫才コンビ、キャッツが登場。芸名はクロとミケ。 数か月前に知り合ったグギガギ。クロスケがかつて世話になり、今も手袋とグレが暮らす寺に住み着いている。 名前を何にしようかなかなか思いつかなかった。迷った末にしっぽがグギガギっと曲がっているのでグギガギ。 最初はさわろうと…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

チビチビと子猫たち 地震のことも少し

6月16日、土曜日の1時ごろ。チビチビが住み着いている家の玄関先。 ああ、いるな。これがおまえのこどもたちか。 チビチビはじっと動かず、子猫たちもそれを見習って硬直状態。 暑い日だったから、こどもたちを外へ出したくなかったのかもしれない。 そして同じ日の夕方。昼間のことを思えば暑さも和らいだからか、ついに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more