テーマ:

4月5日と4月8日

1週間前から7、8年ぶりの腰痛が続いている。 背筋を伸ばしていると大丈夫だが、上半身を前に折り曲げる、靴下を履くという体勢の時が辛い。 おまけに口内炎も次々できるは、洗面化粧台のS字トラップは詰まるは、大阪市長と大阪府知事は極右の狂信者集団、維新にのっとられているは、生きていてもロクなことがない。阪神も弱いし。 しばらくは前回…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

3月25日の浪速区のニャンコ 2

勤務している浪速区の喫茶店AFTER BASEの目の前にある鴎町公園でさぼっていたベースさんの続き。 ここからは3月29日 相変わらずやる気ゼロ 鴎町公園の中には、折口信夫生誕の地の石碑がある。折口信夫は民俗学者、国文学者にして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの駒ちゃん、のはずが…

まずは2月21日のチビチビ。家を出てすぐの場所で遊んでいた。 写真奥、小さく階段が写っているあたりは、真田幸村戦死の地として知られる安居神社。 昔からタヌキが住みついている神社でもある。何度も目撃したタヌキチもここの生まれ育ち。 タヌキども、夜の散歩コースを代々受け継いでいて、日が暮れたらここから大江神社のほう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ベースさん

ベースさんの前に2月14日、浪速区日本橋5丁目のヤマト。ヤマトの昔の名前は、だいたいいつもいる人。 浪速図書館の近くに鴎町(かもめまち)公園がある。昔は鴎町という地名だったのだろうか。 その公園の前にAFTER BASEという名の喫茶店があり、その店の脇にベースさんの小さな家がある。 写真は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ホンダのお隣さんと猫戦シャー

浪速区恵美須西の暴走族、ホンダとヤマハの近所のマンションで暮らしている子。 例によってこちらに気付くと、塀に駆け上がって近づいて来る。ただし、手が届かない距離をしっかり保つ。 てんしば(天王寺公園)のファミマの店頭のガチャガチャにこんなのがあった。 猫戦シャー。しっぽを出した…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヤマトとヤマトモ 2

前回の暴走族のホンダとヤマハと同じ2月6日。 ヤマトとヤマトモは、普段は道路に面した西向きの玄関先の植え込みの中の箱にいることが多い。 2人の家は変わった構造で、南向きにも玄関があって、この日はそちら側にいた。 ヤマトモ 毛がはげてるのはケンカでもしたのか ヤマト …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

暴走族のヤマハ

前回の続きで2月6日、浪速区恵美須西、大隅青葉荘の暴走にゃんこグループ。 今回はいつ見てもワルそうな顔のヤマハを中心に。 ヤマハに対しても「真面目に生きろ」と鉄拳をふるうことはもうない。ただなでるだけ。 ちょっとわかりに…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

久しぶりのブー子

しばらく大正区に行ってなかった。落合上の渡し船の西成区側の乗り場が台風21号の風で壊れていた。 大正区小林。歩道になにか落ちているように見えるが、この辺りの人には見慣れた光景。 爬虫類喫茶アゲインの看板娘、ブー子。 猛暑も去って気持ち良さそう 私はなぜかここ数年、軽トラに心が少し魅…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

中之島まつり

4日は中之島まつりに行った。なんと第47回である。毎年5月3・4・5日の3日間開催。 3日は雨だったが4日は好天に恵まれた。 途中、東横堀川沿いのいつも軍団がいる空き地で。 西成区の怪奇クロネコ軍団とは別ね。間違わないようにね。 帰りに通ったら軍団になっていたがその写真はまた次に。 中之島のシンボル、中央公…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

造幣局の桜の通り抜け

なにをいまさらではあるが4月13日の造幣局。 勝っちゃんや怪奇クロネコ軍団やホルモン派といった横入りニャンコのせいで遅れに遅れてしまった。 もういいかとも思ったが、せっかく撮った写真を捨てるのももったいないので… なお、造幣局の桜の品種はソメイヨシノではなく、見頃もソメイヨシノよりずれる。 天満橋に着く前に地元で出会ったニャ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大阪春節祭 2018と寡黙なにゃんこ

きょう18日、浪速区の大阪中華学校で恒例の春節祭が催された。 毎年、午前中は台湾から招かれた雑技のチームが変面ショーやアクロバット、ジャグリングなどを披露するのだけれど、今年はなかったのでちょっと残念。 在校生による舞踊や演奏が披露される。こちらも恒例。 神戸や横浜のような規模ではないけれど大阪の春節祭も健気にがんばっている。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

久しぶりに大正区のイケア鶴浜へ

留守番してます 留守番してます 大掃除もします 町内のパトロールもします 室外機のメンテナンスもおまかせ 工場萌え。住友大阪セメント。 渡し船萌え。千本松大橋の大正区側を望む。 粗大ごみ? 生ごみ? 寅ごみ? 駐車場で働くにゃんこさんは日本全国にい…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

にゃんこ王国西成区の続き

9月17日の『猫はどこ 37』で紹介した鶴見橋商店街近くの小さな農園。 http://yujufudan.at.webry.info/201709/article_4.html このあたりの一大勢力かもしれない。ということはあの寅川さん、黒川さんと抗争中なのか。 とりあえず、だれひとりじっとしてくれない。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

落ち葉とニャンコと

今は存在しない大阪府立社会事業短期大学へと続いていた坂道。 この坂に暮らすニャンコは、毛布、新入りもどき、ノーネーム、その他。 新入りもどきがおとなしくポーズを決めていてくれたので秋らしい写真が撮れた。ありがとう新入りもどき。 この坂のはじまるところは大江神社の石段がはじまるところでもある。超甘えた男子、シ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブー子は大正区の寅川さんだったのだ

きのうふらふらと大正区のイケア鶴浜に行った。貧乏人の鑑だからもちろん自転車で! 暑かった。 浪速区からは湊町のオーキャット発着の無料シャトルバスが利用できる。 でも、昔からバスと映画の時間待ちがなぜか嫌いなのだ。 結局イケアではなにも買わなかった。 ともかく、イケアの帰り道は爬虫類喫茶アゲインの看板娘ブー子を見ないと。 ブ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

森の生活

しかしまあなんなんだ、最近のエクスプローラの調子の悪さ。 記事を新規作成の途中で突然エクスプローラが切断されること3回。 いまこの記事をつくっている作業、4回目のチャレンジである。 いちいち最初からやり直さなければいけないのだ。 こうなったら途中でいいからどんどんアップしてしまい、あとから編集でこまめに作り直していくほうが賢…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やごの八五郎

きょうも生きているやご。名前は八五郎。「はちごろう」であって「やごろう」ではない。どうでもいいか。 水が緑色のどろどろになっていたので替えた。 何度か紹介してきた西成区と大正区をむすぶ落合上(おちあいかみ)の渡し船。 木津川には計3か所の渡船場があると思うが、一番よく利用するのがここ。 いつも船ばかり紹介している…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

水門の旅

2日ほど前、港区と此花区のはしっこあたりを例によって自転車でウロウロしたのだ。 木津川や尻無川、安治川を43号線で越えていくといくつも水門が見られる。 六軒家川水門 こんな風景も 安治川水門 雑草がきれいに茂った空き地でのんびりしていた二人 血沸き肉躍る船。これは水上警察? それと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大阪港めぐり2

大阪港見学会で撮った働く船の写真の続き コンテナの積み下ろしに活躍するガントリークレーンとかいうやつ パナマ船籍のEVER PEACE ばら積み運搬船 AMIS GLORY 今年の1月に川崎重工神戸工場で建造されたということだ。 船名を検索するといろんなことがわかる。 https://www.khi…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪港めぐり

3連休初日の17日、大阪市港湾局主催の大阪港見学会に参加。 抽選で選ばれた市民が貸切の船に乗船し、大阪港の港湾施設を職員の解説付きで楽しむ催し。 1時間半の船旅で我々夫婦は数年ぶり、2回目の参加。 貨物船やタンカーなど働く船を見るのが大好きなので毎年でも参加したいくらいだ。 海遊館とUSJを結ぶシャトル船の発着場から出発。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大航海と大正にゃんこ

3連休2日目のきょう、西成区玉出にちょっとした用で出かけた。 急いで帰る必要もなし、久しぶりに大正区へ足をのばしてみようと思い立った。 西成から大正へ、いつも利用する落合上(おちあいかみ)渡船場ではなく、2つ南の千本松渡船場へ。 ぐるぐる螺旋を描く千本松大橋の下、川幅230mの木津川を渡る。いつもの倍以上の距離だ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫はどこ 36

四天王寺でどこにゃ 残暑厳しいなか涼しい場所をよく知っている 四天王寺近くのとある坂でどこにゃ なんと 猫は室外機の上も好きだな きみのクルマなのか 小さな働く船 木津川 クック 太平洋探検 (6冊セット) (岩波文庫)岩波書店 ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママにゃんことツバメのひなと

浪速区のとある駐車場 最近出産しました感が強いぞ。それともこれから産むのだろうか。 これも浪速区。家の近くでツバメの巣を見るのは久しぶりのことだ。 この家の人はネットを張ってあげてやさしい。ツバメのひなはたまに転落して死んでしまうからな。 また渡し船を利用して大正区へ行った …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫と船

東横堀川東岸のひと 東横堀川西岸のひと 鶴橋のひと 黒木さん 西成のひと 大あくびして睡眠続行 久しぶりに渡し船に乗った。いつも利用する落合上渡船場から。 大正区側から西成区側の眺め。 これは西成区に着いてからの写真。大好きな「小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道頓堀川水門

日曜日、暖かく天気が良く気持ちも良く、自転車に乗った夢遊病者と化してふらふらへらへらと散歩した。 道頓堀川にかかる汐見橋のたもとで、ひなたぼっこをする亀を発見。 道頓堀川といっても、グリコの看板なんかがあるミナミのにぎやかなあたりからはずっと西。 だから、川の名前もこの付近では「西道頓堀川」が正しいようだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三区物語 船による川めぐり その2

先日の日記の続きです。小粋でモダンな遊覧船、南極1号に乗っての川めぐり。 文を書くのがめんどうなので写真中心でおとどけします。 北浜の難波(なにわ)橋。通称ライオン橋 東横堀川にある水門。水位の調整と水質浄化の役割を果たす、らしい。 要するにプチパナマ運河ですな。右は道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三区物語 船による川めぐり』を体験

4日の日記に書いていたとおり、3時間も船に乗って大阪市内の川を巡り、「もう十分」と言いたくなるほど大量の橋と船を見てきた。 『三区物語 船による川めぐり』はそのイベントのタイトルで、三区は、西区、大正区、浪速区のこと。 京セラドーム前の千代崎から乗船して、まず木津川(新なにわ筋の西です)を北上。堂島川に入ると大川あたりまで東進し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川、海、船、橋。

こういった風景が自転車で大正区や港区あたりへ遠征するといくらでも見られて、昔から血が騒ぐというか、 立ち止まって何時間でも見ていたいと思うほど好きだ。 船や橋が俺のことをどう思っていようと。 船でいうと豪華客船などにはまったく興味がなく、貨物船や油槽船、浚渫した土砂を運ぶ船など、 いわゆる働く船でないとダメで、それも、古くて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more