テーマ:新世界

づぼらや

づぼらやの廃業が報道された後、子どもの頃から見慣れた光景もいつか 見納めになるかもしれないと思って写真を撮っておいた。 撮ったのは7月16日。 そして9月3日の未明、とうとうあの提灯が撤去されたそうだ。 あべの経済新聞というサイトで撤去作業の写真が見れる。 https://abeno…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月16日 浪速区惠美須西のツバメ

ツバメの前に同じく浪速区恵美須西の幻のベンチ猫を紹介。 1か月ほど前に妻が発見したニャンコで、恵美須町の交差点近くにいる。 やたら日当たりのいい家なので、日が陰る数時間しか出没しない。 「ベンチで落ち着き払っている猫がいる」と何度も噂は聞いていた。 ちょっと見にくいけど写真中央…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年6月12日 速報! 祝ヤマトモ就職

きのう6月12日の写真。あのヤマトモが晴れて就職していた。 浪速区医師会? 一応ちゃんとしたところだな。 クソ自民党に献金してるだろうけど。 なんだ、細い道を挟んで3秒で家か。通勤が楽でよろしい。 駐車場係か。昔からニャンコさんには人気の職種ですな。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2020年5月31日 ニャンコが働く散髪屋 2

新世界の喜楽理容の続き。会計担当の兄さん。 招き猫担当の弟さん 店内に戻って再び、兄さん。 下の写真は兄さん本人か 散髪屋とリサイクルショップを足したような店内 ファンから寄贈された写…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2020年5月31日 ニャンコが働く散髪屋 1

今年1月の写真はちょっと中断。 3日前、久しぶりに新世界のドンキホーテへ買い出しに出かけた。 時刻は2時か3時。新世界は家族連れが多くけっこうな人出。 写真奥には天王寺動物園の入り口。 動物園入り口のほぼ真向かいに古い散髪屋「喜楽理容」がある。 場所は浪速区恵美須東2丁目。私が物心ついた頃からあるかもしれない。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

2020年1月3日から1月14日 2

1月14日。住之江区粉浜の空き地で、猫はどこ。 右上と左下に 初辰参りの住吉大社へ。 嫌いだ嫌いだ神道は嫌いだ神道は本当に嫌いだと言いながら、 初辰参りの住吉大社へは何度も来ている。 天皇崇拝の強制、君が代の強制が無い限りにおいて一応ありだ。 軽トラを見て写真を撮ら…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

2019年11月9日 なんばの金光教

いつも何匹もニャンコがいる難波の金光教。鉄柵越しのファミリー。 大きな写真で見ると、ガキ、いや子どもさんたち、遊びまくっていたのか、 からだに発泡スチロールの小さなカスをいっぱい付けている。 これはおそらくどこかの区のガレージセール。 ああ、こういうイベントでいつも見る軽トラの消防車! ガキ、いや子どもさんたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月4日 浪速東ほか

以前は区の施設だったような土地の管理人 11月6日、生野区生野西のスーパー玉出勝山店の駐車場で愛しの軽トラ発見。 駐輪場で怪しい足跡を発見 「セメント塗り立て」の注意書きを張り出さなかったのか。 それとも犯人が字を読めなかったのか、どうでもよかったのか。 2020年3月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月6日 惠美須西

ホンダ、ヤマハの近所の同じ系列のアパート。 この辺りでは当たり前の権利金、保証金なしの日払い方式。 阪堺電車の今池駅。恵美須町、新今宮駅前、その次が今池。 昔からの疑問。この周辺でこの線路と駅だけが坂になっている。 電車を降りて家路を急ぐ乗客 これは違うときに撮った写真。こんな高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月1日 堺へ 4

第六堺キャット。 来ている服も顔も雀みたいなこの人も大浜公園にいた。 チュンチュン 大浜灯台は通称なのかな? 正しくは旧堺灯台というらしい。 昔見たことがあるけれどもせっかくなのでまた見に来た。 1877年に設置され1968年まで現役で働いたそうだ。 現地に現存するものとしては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月1日 堺へ 3

阪堺電車を宿院で降りて、大浜灯台を見るために西へてくてく歩いた。 途中に細い運河と橋、小さな公園があった。 第四堺キャット 灯台近くの大浜公園で第五堺キャットに遭遇 堺はまたも次回に。 ここからはきのうの続きで、浪速区恵美須…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月1日 堺へ 2

浜寺公園の中で。第一堺キャット。 第二堺キャット 第三堺キャット 阪堺電車に乗って浜寺公園から宿院へ向かう。 電車内で工場みたいな奇妙な建物の写真を撮った。 調べると創業300年以上のそばの老舗「ちく満(ちくま)」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年10月31日 4

長橋のニャンコ菜園をあとにして、西成区鶴見橋3丁目あたりまで来た。 食べていたのは魚肉ソーセージかもしれない。 食事を中断してかまってくれた。 すでに何度も登場。南津守のホームズの近くのアパート。 黒猫はなぜか面白い。可愛い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年10月31日 1 ホルモンの権兵衛と

4月1日か。 新型コロナは収束はおろか益々、世界中で猛威を振るい続けている。 1か月後、2か月後、半年後、自分もどうなっていることやら。 まだ若い頃の志村けんが、西瓜の大きな切り身を一瞬で食べてしまう シーンがなぜか記憶に残っている。 70歳で死んでしまうなんて可哀想すぎる。 去年の10月末。何度も登場している西成区…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2019年10月14日 アフターベース

浪速区塩草、鴎町公園の前の喫茶店「アフターベース」の招き猫たち。 歩行者と化して道路を渡っている ここからは10月16日。 同じく浪速区の大国主神社。地下鉄大国町駅が近い。 猫はどこ。最近は簡単すぎる? あっちからもニャンコの匂いがする。 ここでみんないつもご飯をもらっている。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久々に最近の写真を 2020年2月27日

新世界のジャンジャン街を南へてくてく歩いた商店街のスーパー玉出。 武漢加油 中国加油。ウーハン、ジャーヨウ。チュングオ、ジャーヨウ。 この手のポスターはミナミでもよく見かける。とにかく早く収束して欲しい。 ひまそうにしていた人 緊張のファーストコンタクト ふ、ふにゃにゃにゃにゃあ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

8月21日 べんけいの弁慶さんほか

今回も写真は2019年。日付は8月21日。 近鉄上本町駅近くのくだものの店「べんけい」。 店頭の左側の台の下、弁慶さんのベッドが少し見えている。 こんな感じのこぢんまりとした店に弁慶さんは勤務している。 弁慶さんは休憩中 2018年10月の弁慶さん。店頭で呼び込みをしていた。 https://…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

4月17日のヤマトモ 2

この日は天王寺動物園にも行っていたのか。 私はニホンツキノワグマが好きだが、あまり人気はない。 1頭だけでいるせいもあるのか何もしていないことが多い。 ひとりで起きていても退屈だろう カバ またヤマトモ ヤマト 雨ばかりで気が滅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暴走族のホンダ

浪速区恵美須西の大隅青葉荘の駐輪場に屯するワル。その名はホンダ。 ホンダとヤマハは、浪速区と西成区の境のこんな街で暮らしている。 写真中央が大隅青葉荘。右の高架は南海電車。右奥あたりが新今宮駅。 最近は低料金のゲストハウスが訪日客で賑わっているが、元々は労働者とドヤ街で知られた街。 JR、地下鉄、阪堺電車も利用しやすく、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

初まさひろ その他

奇跡のニワトリ、幸運のニワトリとして新聞、テレビで何度も紹介されてきた天王寺動物園のまさひろ。 その姿を2018年最後の営業日である12月28日に初めて見た。場所は黒鳥とカリフォルニアアシカのそば。 まさひろはアライグマやトラの生餌として供されたがなぜか食べられず、イタチを捕獲するために罠の中に入れられてもイタチが現れずに生…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

天王寺動物園の虎が脱走

2月8日の午前11時頃、絶対にあってはならない恐るべき事態が起きてしまった。 動物園の中を1頭の虎がのし歩いている。 写真右、ベンチに腰かけている男性の顔が恐怖にひきつっているのがよくわかる。 こいつはアムールトラか、スマトラトラか、ベンガルトラか。 まさかそんなことはないと思うが、ひょっとするとチャトラなのか。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

10月の動物園と12月の勝っちゃんと

まず勝っちゃんから。12月26日。いつもの勝っちゃんストリートで。 この日の勝っちゃんは今までとまったく様子が違った。 いつもは目が合うとすぐに「おっちゃ~ん、会いたかったよ~」と大きな声でわめきながら駆け寄って来る。 それが、わが心ここに在らずという感じで目も合わせない。こっちのことはアウトオブ眼中状態。 なん…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

勝っちゃん 2018年12月16日の2

前回の続き この日の勝っちゃんは残忍さは影をひそめ、ひたすら甘えてくるのであった。 12月28日の新世界 ものごころついた頃からあったおもちゃの店「つなや」がいつのまにかなくなっていた。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

最近買った古本

この10日ほどの間に買った古本 左2冊は13日の大阪城のフリーマーケットで購入。紹介文はオビのコピー。 『幻の女』 100円 「読んでないなんてもったいない! 江戸川乱歩が絶賛した大どんでん返し!」 『二つの風の谷 アイヌコタンでの日々』 50円 「暮らしの中のアイヌ語 アイヌ語を通して学んだこと」 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ナイトZOO

8月11日から天王寺動物園のナイトZOOが始まった。通常は5時閉園だが開催中は夜9時まで営業。 数年前から行われていて、今年は年間パスを所有する富裕層なので行ってみた。 とはいえ仕事終わりにピカピカの自転車、貧困号で駆けつけて滞在はほんの40分ほど。 ホッキョクグマのイッちゃん、5歳。 イッちゃんは洗濯物を入れる大き…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

賢者猫と賢者猫母と

たびたび登場している賢者猫さん。1週間ほど前にも会ってきたのでその時の写真を。 ただし「賢者猫母」というのはこちらの推測。賢者猫に寄り添い、顔をずっとなめまわして溺愛しているので。 場所は境川の、JRが横切る、公園と遊歩道を足したような寂しい一角。まずは母登場。 ゆっくりゆっくりあいさつしに来てくれた …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

茶臼山の亀と鯉に遊んでもらう

天王寺動物園、一心寺、大阪市立美術館に囲まれるようにして茶臼山と河底池がある。 茶臼山は大坂冬の陣で家康が、夏の陣で真田幸村が本陣としたところで、幸村戦死の地、安居神社も近く、大河ドラマで幸村がとりあげられていることもあって観光客も訪れているようだ。 新世界、通天閣との間に動物園があり、右(北)には一心寺、左(南…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新世界の天王寺一家

20年ほど前から観光客が増え、ことに最近はあまりにも人が多いために足が遠のいてしまった新世界。 家から歩いてすぐなので、昔は月に1、2回ふらっと出かけてスマートボールをしたり安くてうまい店で食事をしたりしたけれど。 このブログでも書いたことがあるが、新興の串カツ屋勢力はまずくて値段も高く最悪だ。 それでも人気店はすごい行列だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバーウイークの亀や猫や新世界のことなど

クサガメの亀山デカ(♀)は最近、ベランダのスノコの上でまったりするのがお気に入り。 時折り思い出したようにスノコの下に潜り込んだりもするが、とにかくこんな状態で何時間も過ごしている。 奥のベビーバスは金魚ハウス 以前にも書いたが、昔は昼間も夜も水から出して室内で自由にさせていたのだ。 しかしデカも大きくなり、たま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

猫はどこ 35 久しぶりにいってみるか

さて、どこじゃ。 どこじゃ お おおー ここは大阪市浪速区の新世界界隈。 観光客で込み合う雑踏からわずかに離れたところ。 このホテル喜久家、たしか中学の同級生の実家だったなぁ。 喜久家の寅ちゃん、どんなに近づいても平気。堂々としている。 うしろの青い洗面器は寅ちゃん用の水入れの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more