テーマ:

4月8日の続き 3

それにしてもこのブログの基本デザインや記事作成画面の変わりようはなんだ! スマホで見やすくつくりやすくということなんだろうけど、余計なお世話としか言えないぞ。 どうやって写真を貼るのだ? まったくの手さぐり状態が続くことになる。 浪速区と西成区の境目付近で留守番していた人。あるいは、悪さをして外に出された人。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

初猫と年末のスズメと

1月2日の朝、浪速区桜川の近くにいたニャンコさん。私にとって2019年の初猫。 例によって日時の流れグチャグチャで進行。 昨年12月28日、天王寺動物園の黒鳥の池にいたスズメたち。 ジャンプ うう、スズ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

小ネタ集

探偵!ナイトスクープか… 5月24日 木 東成区今里のフォカッチャの店、パンヤ。その右隣の昔から気になっているレトロな派出所。 写真を撮っていたら自転車に乗ったお巡りさんがやって来た。銀輪部隊(古いね)。 聞いてみると、交番としてはもう使われていないが今も一応生きているとのこと。 その向かい、日本一小さいドア。ドア…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

貧乏夫婦狂乱散財 2

今度はいったい何をしでかしたのか。実はこんなものを買ってしまった。 天王寺動物園の年間パスポート。2000円。そんなものがあったのか。かなり最近までなかったのではないか。 おとなの入園料は500円なので4回通えば元が取れる。 実は動物園は好きなのだが、夫婦で行くと1000円もするので6年以上行ってなかった。 ふふ、天…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

歓喜の再会

27日の金曜日から始まった四天王寺恒例の古書市。毎年春と秋の2回開催される。 店の数が多くまともに見ていたら1日かかる。駆け足で2時間ほどでチェック。 欲しいなと思う本は2、3冊あったけど結局、今回はなにも買わなかった。 一人のおっちゃんがうれしそう、楽しそうに雀に米粒をなげてやっていたので写真が撮れた。 おっち…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

石切さん

またまた古い話で恐縮。10日は東大阪市の石切へ行った。 石切には石切なんとか神社があって「石切さん」と呼ばれている。 石切さんは、でんぼ(できもの)の神さんとして庶民の信仰を集めている。 何度も書いてきたとおり私はなにも信じないけど。 家を出て近鉄日本橋まで歩き、先に金券ショップで安い切符を買う。 途中の区間までの分なので…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

梅猫雀鴨

3月2日、ふらりと大阪城へ梅を見に行った。 お金持ちならタクシーを飛ばすか地下鉄にでも乗るのだろうが、こちらはもちろん自転車である。 上町台地の坂をフウフウいいながらペダルを漕いで上がった。家から20分くらいで着いたかな。 空堀 東外堀 大阪城の石垣は日本の城で一番高いのだそうだ。石垣の上に天守という構造は西日本に…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

雨。野良さんも寂しそう

住吉区安立の南海本線の高架そばの空き地で、ひとりポツンと雨宿りしていた子。 こっちをじっと見るけどなにもしてあげられない。ごめん。 安立は「あんりゅう」と読みます。安立は一寸法師ゆかりの地と言われている。ほんとか。 一寸法師はこの地で生まれ、針の刀を持ち、お椀の船で京へ上ったのだそうだ。 昔、安立町の商店街には数…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

初辰参りの住吉大社は猫の日なのだ

きのう、1日の土曜日、用があって住吉区へ出かけたのだが、帰り道に住吉大社があり、たまたま初辰さんの日だったので寄ってみた。 大阪では、初辰参りで買い求めた招福猫(招き猫)をずらりと店先に飾っている商店を時々見かける。 月に一度の初辰の日に招福猫をひとつ買い、4年かけて子猫48体を集めたら中猫に交換してもらうのだ。 さらに1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヤンママにゃんことツバメのひなと

浪速区のとある駐車場 最近出産しました感が強いぞ。それともこれから産むのだろうか。 これも浪速区。家の近くでツバメの巣を見るのは久しぶりのことだ。 この家の人はネットを張ってあげてやさしい。ツバメのひなはたまに転落して死んでしまうからな。 また渡し船を利用して大正区へ行った …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この鴨、2日連続かも

もしもしカモよ、カモさんよ、あなたがたは昨日、福島区の上船津橋にいたカモさんなのか? もしもそうならなんという奇遇。こんなこと珍しいかも! (昨日の記事はこちら) http://yujufudan.at.webry.info/201504/article_1.html ところで、きょうのこの池はおなじみ四天王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨がのんびり

これは鴨、カモではないだろうか。鳥のことはよく知らないが鴨だと思う、たぶん。 場所は福島区。福島区のことはよく知らないが福島区だと思う、たぶん。 堂島川にかかる上船津橋に平行するこのパイプは水道橋らしい。 ちなみに、撮影場所を少し西に進めば中央卸売市場だ。 二羽でいつまでもまったりしていた。 新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子園球場とすずめタクシー

きのう土曜日、中日とのデーゲーム。ほんとうに久しぶりの阪神甲子園球場だった。 AクラスとBクラスを綱渡り中のこの時期になんでわざわざと思われるだろうが、某抽選でペアの入場券が当たったのだ。 応募したのは1か月以上前で、その頃はまだ「2005年以来の優勝の瞬間に立ち会う可能性もあるやん」と夢と希望にほくそえみもしたさ・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫はここ 亀はどこ

2週間ほど前、いつもの坂を昼間に通りかかった。 自転車の音を聞きつけて出てきたグレと手袋があいさつ。 亀はどこ 朝の押入れ。ふすまを開けても亀山デカはまだ起きない。 この人たちはなんだ。カモかガンか。鳥の種類はようわからん。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫はどこ 27

1週間前に撮った写真だけど。 それにしても、いつのまにかすっかり猫ブログになってしまったもんだ。 さて、どこじゃ。 平和すぎるぞ。下は東成の陽だまりにゃんこ。 このひとも平和すぎるぞ。 下は四天王寺境内で砂浴びに夢中になっていたチュンさん。平和すぎるぞ。 四天王寺といえば二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫はどこ 26

またやってしまったか! 1枚目からバレる失敗を。 上はおなじみ、西成のにゃんこ。次は福島のにゃんこ。 福島のアヒル。というか、この日は福島にいた巨大アヒル。 名前はたしかラバー・ダックで、水辺のイベントに出没。 坂道のグレ 同系色の壁にまぎれて完全に姿を隠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメのひな

久しぶりで見た。場所は大阪市内某所。 ツバメは2回産卵、子育てすることがあるらしい。たぶん時期的にこの春2回目のひなかな。 こちらは集会中のすずめたち。右端は春にデビューした新人か。 おまけ 四天王寺の丸いほうの池のすっぽん。気持ち良さそうに甲羅干しをしていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四天王寺の雀

4月27日に撮った雀の写真。亀の池の前だったので、バックにはうっすらと亀さん。 前回の記事で紹介した眠り猫きょうだい(きょうだいだと思いまふ)の写真をきょうも撮ってしまった。 そこそこ点数があるので、そそくさと雀の写真をアップしておくのであった。 とにかくわたしは雀が好きなのだ。鶏肉は大嫌い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜日の猫

空堀商店街の路地の家、屋根の上(厳密に言うとひさしの上か)で、だらけるにゃんこブラザーズ。 バイオリンは弾いていなかったし、いるのはやけたトタン屋根の上でもなかった。 ひさしの上に集合する前のようす …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪中華学校の春節祭

に、2年ぶりで行ってみた。場所は大国町の近く。 神戸の春節祭は盛大で、関西ローカルのニュースでも必ずとりあげられるが、こちらはこじんまり。 可愛い校舎と可愛い校庭が会場。家から自転車で3分で着くのがいい。 2009年の日記 http://yujufudan.at.webry.info/200902/article_1.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の亀 1

中之島公園の北浜あたり、難波橋(なにわばし)愛称ライオン橋近くで日向ぼっこしていたミドリガメ2匹。 右の写真の下、中央よりやや左にこの2匹が小さく写っている。 難波橋は橋脚(でいいのか?)に風格がある。ついでにこいつはカワウか。 (2007年の難波橋や水門などなどはこちら) http://yujufudan.at.w…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たまには記事でも

ひゃああ。更新をさぼりすぎているな、ちょっと。 えーと、例によってどうでもいい話を。どうでもいい話ではあるが、知らない人にとっては有用な情報かもしれないので。 その1 元テニスプレーヤーの松岡修造とサバンナ八木は実は同一人物である。 その2 フィギュアスケートの浅田真央とサバンナ高橋ももちろん同一人物である。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四天王寺の亀の池

何日か前に久しぶりに四天王寺のクサガメにえさ(幼犬用ドッグフードのサンプル品)をやりに行った。 みんなが知っているミドリガメだらけの大きな池ではなく、人知れず存在するクサガメ率が高い小さな池へ。 この池、たぶん四天王寺がクサガメだけを意図的に集めているのだと思う。 ただ、捨てられたであろうミドリガメがいつも混じってしまっている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あさいゆたかくんの有為転変

古本は好きじゃないのだ。 一見アホ、実はやっぱりアホな俺だがちょっと神経質なところもあって、決して潔癖性ではないが、カビ臭い本、埃で手が汚れる本なんかはさわりたくないのさ。 逆に、新品同様できれいな本なら古本でもぜんぜんOK。 年末に大国町そばの古本屋でツバメとカラスの本、各200円を買った。 これは、あかね書房が出して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すっかりさぼり癖が身に付いてしまった

変化に乏しい生活、十年一日な日常をおくっているのでそうそう書くことはないのです。 なにもないけど、とりあえず更新だけしておきます。 難波の高島屋近くのスターバックスで、ピチュピチュとよくとおるいい声で客引きをしていたスズメ。 迷惑でしょうが、例によってディランの曲を埋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだいたのかよ、ツバメのひな。

日本全国、ツバメのひなたちは皆すでに巣立ったものと思い込んでいたらそうではなかった。 去年から何度か紹介してきた西成区天下茶屋の中華料理店の軒先のツバメの巣。 (記事と写真は07年6月3日、6月11日、08年5月17日) きのう通りかかったら、ある程度大きく育ったひながまだいた。 この1羽だけだったので末っ子というやつか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホクテンザのがさがさ爺

がさがさじじいなのである。ホクテンザの。 大阪市北区に天六、天神橋筋6丁目という場所がある。その天六にあるのがホクテンザという映画館なのだ。 実際の所在地は7丁目のようだが。 小さな小さな小さなビルで、5階にホクテンザ1、ホクテンザ2があり、1階だか2階だかにユウラクザがあり、地下には(たぶん)コクサイがあって、コクサイでは成…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その後のやつら

07年6月3日の記事で紹介した西成区天下茶屋の中華料理屋の軒先に今年もツバメが帰って来た。 ひなの姿はまだ確認できないが、そのうち平たい口を閉じてムスッと押し黙っているやつら、そのくせ親鳥が戻ってくると大口を開け狂ったようにビービー泣き叫ぶやつらが4羽ほどぎゅうぎゅう詰めで並ぶようになるんだろう。 ツバメたちの巣の近くを走る阪堺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒸し暑い日が続くので水無月の写真でも

4月29日の日記『続 四天王寺界隈』で名前だけ紹介した源氏堂の水無月。 石の鳥居のある西門(さいもん)前の参道を北へ少し行くと、たしか中之門とかいう門があって(うろ覚えですみません)、そのすぐ北側に店舗がある。 正式な名前は天王寺源氏堂だったかな。 とくに甘いもの好きなほうでもないが、ここのお菓子は、夏の水無月やわらびもち、茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more